2018年02月26日

日本政府から今なお冷遇されている出雲の原因 〜出雲の国譲りの真相〜前半 

大雪の跡がまだ山間部に残るこの頃です。今年の冬は、皆さん雪かきで筋肉痛になった事でしょう。北陸地方の方々にはお見舞い申し上げます。

さて今回は出雲地方が「日本の政府から今なお冷遇され続けている理由、日本歴史の根底に滞る‘恨’」です。例によって出典は原田氏の日本古代史です。
現在島根県は、年間100万人を超える観光客が訪れる国際観光都市です。それなのに、何故?山陰新幹線が開通しないのか?山陰に住んでいる人たちは皆不満と疑問に思っています。もちろん、県知事、市長、島根選出の国会議員が力不足という事は否めません。しかし、日本の最初の国王(スサノウ)が誕生した出雲です。かつては「出雲王国」と評されていました。それなのに、今では過疎県で寂れっぱなし。年間5000人の人口減少県です。あの北陸ですら、新幹線は開通しています。

先日、某県議が「山陰新幹線を開通させる運動を今までもやってきたが、今年もっと本格的に・・・・、でも40年かかるでしょうー」などと、自分の非力さを擁護するような発言をしていました。

しかし、私は若いころから何故か?山陰は中央政府から疎んじられている。その根本原因はなんだろう?とずっと疑問に思ってきました。今回、この日本古代史の本を精読して、その原因が何となくわかりました。もちろん、地元の歴代リーダー(国会議員・県知事)の力不足もありますが、もっと根本的なものが底流を流れていて、結論は「武御名方富尊(タケミナカタ トミノミコト)の恨」が原因にあると私は考えます。
‘恨’という字はハンと読みます。同じような言葉で‘怨み’というのがありますが、後者は特定の対象者がいるのに対し、前者の‘恨’は目的を遂げられなかった悔しさ・・・と解釈します。

では本論です。スサノウと大国主(オオクニヌシ)で、約40年間統治した九州全土でしたが、大国主の最後は本妻である出雲のスセリ姫(スサノウの末子=相続人)の元でなく、九州日向地方の現地妻、タギリ姫(スサノウと大日霊女(アマテラス)の長女)の元で亡くなりました。
本妻である出雲のスセリ姫は大変苦々しく思っていた事でしょう。スセリ姫と大国主の末子が「武御名方富(タケミナカタトミノ)」です。前回出てきた饒速尊(ニギハヤのミコト=スサノウの第5子)と同様に文武両道に優れた人物だったようです。
武御名方としては、学者肌で九州の現地妻(妾)の元に入りびたりの父、大国主は決して尊敬に値する人物ではなかったでしょう。
大国主が九州で亡くなると、現地妻(タギリ姫)との間に生まれた末子、事代主(コトシロヌシ)が九州全土の相続人になるのですが、未だ幼い為、結局大国主の時と同様に、事代主の祖母にあたる大日霊女(卑弥呼=アマテラス、スサノウの現地妻)が仕切るようになります。

そして、出雲の統治までも日向族で固めたい大日霊女は、「自分の子孫が正当な相続者である」と主張して、出雲に何度か主権を渡すように使いを出します。しかし、文武に優れた武御名方は当然、妾の子孫に統治権を渡すなど承服できません。そこで、ついに日向族が大日霊女(アマテラス)の命令の元、幼い事代主を名代に立て、母のタギリ姫(=三穂津姫)を伴って出雲に軍隊を送り込みます。この日向軍隊を率いた3人の武将が、天児屋根(あめのこやね)、武甕槌(たけみかづち)、経津主(ふつぬし)です。時に西暦220〜221年ごろです。

島根県松江市の美保関に、美保神社というのがあります。この美保の由来は、日向族の幼い事代主と母のタギリ姫(=三穂津姫)が最初に出雲に上陸したところで、その三穂津姫の三穂にちなんで美保になったようです。美保神社にはこの三穂津姫が祀られています。
当時は松江市の大橋川を挟んで、北に日向族、南に出雲族が相対したようです。だから、現在でも大橋川の北の神社には所々に日向族が祀られていますし、北方モンゴル族の伝統である四角い古墳は、大橋川の南には多いが、北は少ないです。

さて、戦いの結末は?・・・・・・次回に。

美保関から大山を望む.jpg

美保関と中海

松江大橋川.jpg
松江市内 大橋川を境に向こうが北、手前が南 (ネットから引用)









posted by 城北通り動物病院松江 at 19:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

歴史から抹消されたもう一人の天照大神  〜出雲神学より〜

新たな年の初めにあたり、謹んで新春の祝賀を申し上げます。昨年は大変おせわになりました。本年も変わりませずよろしくお願いします。

日本の古代史の研究も佳境に入りつつあります。今月は「歴史から故意に抹消された
もう一人の天照大神」です。例によって出典は原田氏の「日本古代正史」です。
九州の日向でスサノウの現地妻になった大日霊女(卑弥呼)を、全国各地の神社では「天照大神=アマテラスオオミカミ」と呼んでいます。しかし、卑弥呼以前にもう一人「天照国照大神饒速日尊」(あまてらす くにてらす にぎはやひのみこと)という人物がいました。日本書紀の編集員が何とかしてこの人物を歴史から抹消しようと、一生懸命おとぎ話をつくったり、それまでの神社の古文書を書き換えさせたようです。しかし、嘘というのはどこかでつじつまが合わなくなるものだという原田氏の見解です。

古より歴代の天皇が参拝されたという大和地方の三大神社と言われる石上神社、大神神社、大和神社、そして熊野本宮(和歌山県)、賀茂別雷神社(京都)の5社を中心に徹底的に調査をして判明したようです。
例えば、奈良の大神(おおみわ)神社に大物主大神、大己貴(おおあなむち)大神、と別々に祀られています。しかし古事記・日本書紀には「大物主は大国主(=大己貴)の別名である」と記されている。大神神社にはこの2人が並んで祀られている以上、別々である事は明白。だから、古事記・日本書紀は故意に?嘘が書かれている・・・という分析です。
こういう矛盾点は全国の神社を調べると沢山出てきたとの事。

さて、この大物主とはだれか?全国いたるところの神社の記録を調べてもなかなか見つからなかった様ですが、なんと愛媛県の国津比古命神社や福岡の天照御祖神社などから結論として饒速日尊(ニギハヤヒノミコト)である事が判明したのです。「饒速日」の文字を消すように全国の神社に命令が出た様ですが、消し漏れが数か所の神社で見つかったとの事。

結論は大物主は饒速日でした。この饒速日尊はスサノウの8人の子供の中の5番目(3男)。兄弟の中では一番優秀で文武両道に長けている人物で、幼い頃は布留御魂、大歳尊と呼ばれていました。この人物が、最初の天皇である「神武天皇」の義父にあたるのです。
20歳を過ぎた頃から、スサノウが重用して九州平定に連れて行きます。173年ごろから約6年間ほどで全九州を平定。183年ごろ父のスサノウから国の司の象徴として「十種の神宝・天璽瑞宝十種(あましるしみずのかんだから)」を授かって、いよいよ日本一の米どころ大和平野の平定に向かいます。
当時、大和を支配していたのが長髄彦(ながすねひこ)という豪族。饒速日尊は出雲から船で下関経由で32人のお供を連れて大和に入ります。
大和に入ると、現地の豪族であった長髄彦は自分の妹を饒速日に嫁がせて、自分は客分として従属します。九州でのスサノウ親子の強さが伝わっていた様で、平和裏のうちに饒速日が大和に君臨し、日本の最初の国王になります。
この長髄彦の妹が三炊屋姫(みかしぎひめ)といい、饒速日尊との間に2男1女の3人の子をもうけます。長男が宇摩志麻治(うましまちのみことー後日物部氏の先祖)、二男が天香山尊(あめのかやまのみこと、=高倉下尊)、そして3番目の長女が伊須気依姫(いすけよりひめ=御歳神)です。スサノウの伝統(モンゴル系の伝統)で、末子相続ですから、末子の伊須気依姫に養子として迎えられたのが、伊波礼彦尊(いわれひこのみこと)です。この人物こそ、天皇家の初代、神武天皇です。

伊波礼彦尊(いわれひこのみこと)はどこから?
現在全国に祀られている九州日向の天照大神=大日霊女(卑弥呼)とスサノウの間には3人の女子がいました。その後も大日霊女は子供を産んでいます。スサノウの死後に、熊野楠日尊(くまのくすひ=うがやふきあえず)という人が生まれますが、大日霊女が愛人との間に授かった末子です。この人に4人の男子が授かりますが、その末子がこの「伊波礼彦尊(いわれひこのみこと)」です。つまり大日霊女の孫に当たり、末子相続の伝統を守り抜いて繋がっているという事です。

日向の大日霊女の願いはどこまでも日本の統治にあったので、何とか大和に自分の血統を送るというその執念を感じますね。

◆ここで一つ原田氏の補足説明を。歴史の中の有名な王やリーダーはとにかく精力が盛んでそれは女性にも当てはまるとの事。西洋のエカテリーナU世は7人の愛人、マリヤ・テレサも16人の愛人を公表しています。日本での女傑は歌人・与謝野晶子氏。愛人関連ではありませんが、11人の子を産んで育てながら、一晩に百首の歌をほとんど徹夜でつくるという、このような精力絶倫の体質は数百万人に一人という事だそうで、大日霊女もその一人だったようです。日本にキリスト教や儒教が入って来たから、価値観が変化して愛人問題はご法度ですが、当時の社会ではそういう価値観が無く、当たり前の風習だったようです。

もう皆様おわかりかと思います。天皇家のルーツがどこまでも神話・おとぎ話から始まらない神聖なものでないといけない理由が。神武天皇の出自など、解明してはいけない時代だったのですね。

饒速日尊が明確になれば、自ずと神武天皇の出自がわかってしまう。それは天皇家をどこまでも神格化せねばならない歴代の為政者たちにとっては、都合の悪い内容だったのでしょうね。       以上
この続きは次回で・・・。


奈良大神神社.jpg
奈良 大神神社(おおみわ)  大物主=饒速日尊 が祀られている   (画像、ネットから)


福岡天照御祖神社.jpg

福岡 天照御祖神社(あまてらす みおやじんじゃ):饒速日尊が祀られている (画像 ネットから)




posted by 城北通り動物病院松江 at 19:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

大国主尊(オオクニヌシノミコト)の謎 〜出雲神学からの考察〜

寒さが厳しくなってまいりました。皆さまお元気でしょうか?
この時期の山陰は、名物のどんより雲で日中でも暗いです。昔はこの天気が嫌で嫌で、家を出以来40年余り故郷に還ることなど考えませんでした。
今になると、このどんより天気が味わい深く思えてきます。冬の厳しい時期が長いほど、忍耐力・我慢する心が養われます。そして、来るべき春の感動は、おそらく赤道直下に在住の方々より大きいな〜と思います。神様は、よくぞ日本に四季を下さったと思います。

さて、本論です。日本古代史の二大謎、歴史から故意に抹消された神武天皇の舅である「饒速尊(ニギハヤノミコト)=スサノウの3男」と「大国主尊(オオクニヌシノミコト)」を解明するのが、一番大変であったと原田氏(日本古代正史の著者)は書いています。
スサノウやその子供達には「おくり名」が様々についていますが、このオオクニヌシだけはありません。そして墓もわからない?死後500年も経ってから何故?当時の日本一の建造物であると言われた「出雲大社」を造って祀ったのか?等々・・・。

大国主は160年ごろに誕生したようです。島根県飯石郡三刀屋町で生まれたようだという事ですが、両親は不明。180年ごろ、スサノウの末子、須世理姫(スセリヒメ)と結婚。しかし、スサノウはこの婿を快く思っていなかった様です。(出雲大社の神賀詞から)
当時はモンゴル系の伝統で、末子相続の伝統。スサノウとしては、大国主を自分の後継者として評価できなかったようです。スセリヒメが大国主を好きになってしまったため仕方なく許可したが、義兄たちからはかなり苛められた様です。
大国主は通称大黒様と呼ばれています。大きな袋を肩にかけ・・・サンタクロースではなくて、外出時にいつも義兄たちの荷物持ちだったというのが正体。

しかしこの大国主、我々獣医業界では日本最初の獣医療を行った方として知られています。
ウサギが皮を剥がされて泣いていたのを、ガマの油を塗って治したという有名な話。
出雲大社に行くと、像の周りにたくさんのウサギ像があります。

医科、歯科、獣医学の祖といわれ、性格的には軍人や政治家向きでなく、学者肌の人だったようです。185年ごろ、スサノウが亡くなると、約30年位出雲と九州を統治して、55歳前後で亡くなったとのこと。
スサノウと同じように、九州に出征して、これまた同じようにスサノウと九州の現地妻であるアマテラスの間に出来た長女、多紀理姫(タギリヒメ)と一緒になり3男1女を産んでいます。
スサノウと大国主、どちらも「妾」をつくったため、「本妻の恨み」が日本の歴史に流れているのがわかります。(この事が日本歴史上最も大きな問題だと私は考えます。)

学者肌で温厚な性格だと思われる大国主が、何故?九州で現地妻を迎えたのか?
原田氏の推測では、スサノウの九州・日向の現地妻、アマテラスが大国主を大変気に入り、自分の長女である多紀理姫を結ばせたのではないか。また、出雲の本妻である須世理姫(スセリヒメ)が、偉大なスサノウの末娘で家督相続した女性だから、常に婿である大国主を「尻に敷く我儘娘」だったのではないか?だから、大国主も嫌気がさして九州の日向に出向く事が多かったようだという見解です。
大国主の最後の墓は、宮崎県西都市。日向系(南モンゴル族)の墓は皆、円形の古墳ですが、そこに一つだけ四角い古墳があります。これは亡き大国主を愛していた現地妻が、出雲系(北モンゴル系)の伝統を尊重しての事でしょう。これで、大国主の墓所が判明しました。

これは、現代の家族にも十分あてはまる教訓ですね。失礼ながら男性の立場から言わせて頂くと、結婚当時はきれいだった妻が、子供を産んで歳を重ねると、子供は母に付き、化粧もそこそこ、体型も無頓着、亭主元気で外が良くなる、こんなんだから、男どもは浮気に走り、外に子をつくって最後相続問題でメチャクチャ。地位や名誉ではなく、全て‘愛’の欠乏症が原因なのだと思います。更に、背後でそれをコントロールしているのが、神学に出てくる「サタン=ルシファーとその子分共の悪霊」なのですね。

夫(男)の自重は最も重要ですが、妻側としては、いつまでも夫に対しては時に母親、時に妻、時に娘のように‘美’を返す存在位置を守り続ける事こそが、素晴らしい家庭が出来る秘訣の様です。
皆様、頑張りましょう。一年間、ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
平成29年12月末

出雲大社.jpg
出雲大社 (ネットから)

出雲大社ウサギ.png
出雲大社のウサギ像(ネットから)

7.JPG

久々、仙台時代のカナンちゃん(ノルウエージャン 9kg 凛々しい)



posted by 城北通り動物病院松江 at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする