2018年12月09日

歴史に見る神の人類救済計画 〜イエス・キリストの生涯A〜西洋神学史観

あっという間に今年も最後の月になりました。師走のあわただしい中、どうぞ事故にあったり病気になられません様ご注意ください。

ブログ記事が大変遅くなりました。11月はいろいろ慌ただしく、なかなか時間が取れませんでした。
もうすぐ子供たち待望のクリスマス。イエス・キリストの生誕をお祝いする日です。しかし昨今のもっとも新しい神学の知見では、イエスの生誕日は実は1月初めとの事です。
では前回に続き、例によって友人の弁でイエス・キリストの生涯を見てみましょう。

友人:イエス・キリストが誕生する前までの時代は、モーゼの十戒を基礎にした教え=旧約聖書でした。この聖書の終盤の預言書と言われる所に、「将来、救世主を遣わす」というものがあります。その救世主とはイエスの事ですが、実は救世主が現われる前に、預言者エリヤという人物が現われる・・ともあります。
特別預言者エリヤとは、イエス生誕より前、紀元前9世紀に活躍して突然昇天した有名な預言者です。ですから、人々は、まだ見たことのない救世主よりも歴史上の実在の人物だったエリヤを先に待ち遠しく思っていました。

イエスのいとこにあたる人物で、祭司長(教会の祭祀をつかさどる仕事)という名門の家系に生まれた「洗礼ヨハネ」という人物がいます。彼は大変な修行を積んで当時の人々から、彼こそ来たるべき救世主か?とまで噂され尊敬を集めた人物でした。
そのヨハネが人々に説いていたのは、「私は水で洗礼(清めの儀式)を授けるが、私の後に來る方はみ言葉でもって洗礼を授けてくださる」と語り、「自分は来たるべき方(主)の道を整えるもの」と表現しています。
つまり、紀元前9世紀に昇天したエリヤの使命を持って生まれたのが実に、この洗礼ヨハネだったのですね。

ところがその後で、貧しい家系に生まれた名もない大工の息子であるイエスが30歳になってから突然「自分は救世主・メシヤである」と宣言して伝道を開始します。
最初、洗礼ヨハネはイエスと会って洗礼を施すと、聖霊が天からイエスの頭上に降り注ぐという奇跡を見ました。そこで、「来たるべき方は彼である」とイエスを証ししました。

しかし、人の性の悲しきかな。今まで自分の所に集まってきた人々がイエスの元に集まるようになると、ヨハネは寂しい思いに駆られてきます。本当は、イエスの第一弟子として、生涯イエスに従わなければならなかったのに、自分で独自の道を歩んでしまいます。
そうすると、当時のユダヤ教の教師や祭司長たちは、どう思うでしょうか?
立派な家系に生まれた知識豊富なヨハネと、名もない大工の息子・・・・どちらが立派に見えたでしょうか?

本来、エリヤの使命を担う洗礼ヨハネが人々にしっかりイエスの価値を教え、当時のユダヤ教を一つにまとめてイエスを神の子として全員が信じていたなら、イエスの新しい教えは、ユダヤの地を治めていたローマ帝国に伝播され、シルクロードを通ってアジアにも広がり、世界が神の愛で満たされた「一つの神の国」になっていたはずでした。

つまり、人類始祖アダムの堕落以後、幾多の信仰の中心人物を立てて4000年ぶりにやっとの思いで誕生させたイエス・キリスト。イエスの教えが即、全世界に伝わるようにするため神は、ローマ帝国を準備し環境を整え、更には、イエスの現われる約400年前ころから、東洋には仏教や儒教、西洋では哲学者ソクラテスらを遣わし、人々の心を耕し、信仰の準備を整えていたのですね。

イエスと洗礼ヨハネが一つになってさえいれば、世界は一つになり、神の王国になっていました。この洗礼ヨハネ1人の失敗により、イエスは自分で自分を証する立場、つまり洗礼ヨハネと救世主の2役を担って苦労しなければならなくなりました。

イエスの言葉に次のものがあります。「女の産んだ者の中で、バプテスマ(洗礼)のヨハネより大きい人物は起らなかった。しかし、天国で最も小さい者も、彼よりは大きい。(マタイ伝11章11節)」と。
この言葉の中に、どれだけイエスがヨハネに期待したか、しかし裏切られた悔しさがにじみ出ています。

続きは次回に・・・。
下記画像=イエスに洗礼を授けるヨハネ   (ネットより引用)


jsenrei004c5B15D-62ea2-thumbnail2[1].jpg

2018年11月07日

歴史にみる神の人類救済計画〜イエス・キリストの生涯@〜西洋神学史観

皆様、こんにちは。朝夕が急に冷え込んでまいりました。今回はブログ投稿が遅くなりました。季節の変わり目、健康には十分にご自愛ください。特にこれから寒くなってきますと猫ちゃん達の風邪が増えます。暖かくしてやって下さいませ。

さて、今回は神の救済計画の最大ポイント、イエス・キリストの生涯その@です。
イエスとは人の名前で、キリストとは「救世主」と言う意味の役職名です。そういえば来月は世界的なお祭り、クリスマスですね。イエス・キリストの誕生をお祝いする日ですが、昨今では意味も分からず、モールや電飾を飾り、鳥を焼いたりケーキを食べたり・・・。
真の意味よりも、商業ベースに乗ったお祭り化しています。
このイエス・キリストが地上に生まれた目的、神の計画を例によって友人の弁をかりて解説してみます。

友人:イエスは神の一人子と言われる特別な存在として、地上に誕生します。ユダヤ地、ベツレヘムの馬小屋で誕生します。何故?神の子が馬小屋で・・・?
イエスが特別な存在として扱われる理由の一つが‘処女懐胎’です。母マリヤは処女で夫もいないのにイエスを身ごもったとあります。医学的にはあり得ない話です。将来の夫のヨセフとはまだいいなずけの段階で、結婚してはいませんでした。マリアに天使が臨み、「あなたは神の子を産むでしょう。その子をイエスと名付けなさい」と言います。マリアはひどく戸惑って「私にはまだ夫がいませんのに・・」と言うと、天使曰く、「聖霊があなたに臨み、あなたは神の子を生む」というやり取りの後、やがて懐胎します。(ルカによる福音書1:30〜35 抜粋)しかし、当時の世間一般では、夫がいないのに身ごもったので、不倫したマリアと言う目で見られます。

聖書をよく読んでみると、イエスの父はだれか?という事が推察されるヒントがあります。しかし、後世の人々がどうしてもイエスを神格化しないといけない事情にかられ、「奇跡の誕生」を伝承してきたのです。

当時の神学の主流はユダヤ教といい、前回記述しましたモーゼの教えを体系化したものです。そのユダヤの地はヘロデという王様が支配していました。今で言う住民登録調査があり、母マリヤは身重のまま、先祖の地ベツレヘムに赴きます。
当時の法律では不倫の女には石をぶつけて殺してもいいという決まりがある社会でした。当然身重のマリヤは人目を避けて旅をしなければなりません。旅館に泊まれずに、仕方なく馬小屋で宿泊した時にお産が始まりイエスが生まれたといういきさつです。
この時、「神の一人子が産まれる」と啓示をうけた東方の三博士という人達が貢物をもって駆けつけました。そのくらい奇跡的な出産だったのです。
夫になったヨセフは、マリヤの出産をいぶかしく思った事でしょう。しかし、彼も信仰者で、懐胎したマリヤを妻に迎えたのでした。
夫ヨセフの仕事は大工さん。だから、イエスは大工の息子として育ちますが、聖書にはイエスの幼い頃の記事がほとんどありません。12歳のころ、街に出た時にイエスがどこかに行ってしまい、母が必死に探す場面が出てきます。
イエスは教会に行って、神学者の話を聞いたり質疑応答をしていたのです。イエスの答えに人々は皆、感嘆したと記されています。

母がやっと見つけて、勝手にいなくなった事を叱った時、イエスは「どうしてお探しになったのですか?私が父の家(神の家=教会)にいる事をご存じなかったのですか?」と答えています。(ルカによる福音書2:41〜52 抜粋)
神の一人子が誕生したなら、その生い立ちも華々しく、聖書に事細やかに記録として残すのが普通です。しかし、書けない事情があったという事がわかります。(不倫の子のレッテルを貼られた人・・・・)

大工の息子として成長したイエスは、30歳から伝道を開始します。当時のユダヤ教神学の学者や法律家などを相手取り、ことごとく論破して行きます。
当然、一目おかれる存在になってきます。

さて、ここに「洗礼ヨハネ」という特別な人物が登場します。この人物がイエスの生涯と運命を決定づける重要な中心人物になってきます。
この続きは次回に・・・。



受胎告知.jpg

キリストの受胎告知 (天使とマリアとのやりとり ネットより)
posted by 城北通り動物病院松江 at 13:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

歴史にみる神の人類救済計画 D モーセの路程 〜西洋神学史観〜

皆様、夏バテなどございませんか?やっと涼しくなって参りました。木々も紅葉が出始めています。忙しく、やっとブログが更新です。
しかし、今年は国内でも水害や台風被害、地震、世界各地でも同じような災害が続出しています。特に地震報道があるたびに、3.11の東北大震災で、津波にのみ込まれて多数犠牲になった学校の児童がいつも思い出されます。こういう時に考えさせられるのは「人の一生」という事です。病気にかかり高額な医療費をかけても必死に頑張る人もいれば、直前まで元気だったのに一瞬で亡くなってしまう人もいます。

先進国では本当に必要なのか?と思われるほどの薬を出される医療がある反面、発展途上国ではどんなに医療を受けたくても受けられなくて亡くなって行く人がいます。
いずれの立場でも、「死後の世界」がわからなくなった人類は、悲しい存在なのでしょう。人類始祖が堕落しなければ、死後の世界がどんなに希望あふれる素晴らしい所なのかがわかるそうです。でも、今の世の中でそれを悟っている方は少ないでしょうね。

では、本論。今回は「モーセの時代の救いの計画」です。例によって、友人の弁です。
友人:前回まではヤコブという人が兄と一つになったので、やっと家庭次元で神様の願いを果たしました。その後、ヤコブはエジプトに行きそこで子孫が産み増えて民族が出来上がります。これをイスラエルの民と呼びます。しかし所詮よそ者。エジプト人から見れば、皆、奴隷扱いでした。
400年間、エジプトで苦労をしているイスラエルの民に、ついに解放者が現れます。その名は‘モーセ’。昔の映画「十戒」に出てくるリーダーです。彼は、赤ん坊のころ川に流されたのを、エジプト王の娘がたまたま通りかかって保護し、乳母を探したら、丁度モーセの実母がその乳母となり、王宮で第二王子として成長します。実母はモーセに徹底して真の神様を教えてきました。

成長したモーセはイスラエルの民を解放する為、立ち上がります。王宮の栄耀栄華を捨て、何にもない荒野へと同胞を連れて、神が本来イスラエル民族に準備したカナンという地を目指します。しかし、エジプトを出る時、王をだまして出発しましたから、当然エジプト軍が追いかけてきます。そこで、有名な紅海の海の水を2つに分けて、イスラエルの民が渡りきると、海は元に戻り、大勢のエジプト軍は水没するという、「紅海の奇跡」が起こります。
その後荒野を進みながら、モーゼは必死に神にすがりついて、カナンへの道を進みますが、のど元過ぎればなんとか・・・で、イスラエルの民は不平不満ばかり。結局、真の信仰から外れる様になったため、モーセは40日断食して神から「10条の戒めの御言葉」を受けます。これが有名な「モーセの十戒」と呼ばれ、これを原点にして、旧約聖書が作られたり、現代の世界中の憲法の元となっています。
その一節には「汝、目には目を、歯には歯を。」というのがあります。

結局、度重なるイスラエルの民の不信仰によって、モーセも怒りを抑えられず神の願いから離れてしまった為、あんなに苦労の人生を歩みながらも、目的地カナンの直前で「あなたは、かの地(カナン)には入れない。お前の弟子が入るであろう」と神から言われます。泣く泣く、小高い丘から目的地を眼前にして亡くなって行きます。可哀相な人生でした。

この民族次元のモーセの路程が、将来神の独り子として地上に誕生するイエス・キリストの将来と一生を決定付ける象徴的な路程になります。

私:幾度か、モーセの話は耳にします。昔は「十戒」の映画で、チャールトン・ヘストンがモーセを演じていました。いい演技でしたね〜。最近では、2014年「エクソダス 神と王」という映画が配信され、クリスチャン・ベールがモーセを演じました。
歴史の中で、神に期待された人が沢山現れますが、神の為に苦労したのに報われず、本当にかわいそうな生涯をおくった人の一人がモーセですね〜。
この続きは次回に。


51+UopCdsxL._SY445_[1].jpg

映画十戒より:不信仰なイスラエルの民に怒り、折角神から授かった十戒を記した石版を壊すモーセ  (ネットから引用)
posted by 城北通り動物病院松江 at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする