2020年04月19日

イエス・キリストが勝利出来ていた場合のスサノウの立場 A

皆様、こんにちは。世界が新型コロナウイルスで大変なことになってきました。今まで人類が経験したことのないパンデミック(感染拡大)で、一日も早いワクチン開発が切望されます。
遂に全国に緊急事態宣言!動物病院も開院をどうしようか?と迷うところです。
世界小動物獣医師会(wasava)の情報では、現在までの新型コロナウイルスに関するコメント・ポイントは以下の通りです。
1) 動物から人への感染はあるか? ⇒ 現段階では不明
2) 人から動物への感染は? ⇒ ニューヨークの動物園で大型ネコ科動物が飼育員から感染。咳などの症状が出ましたから、この感染はありうるかも・・という見解。
3) ワクチンは? ⇒ 従来の犬混合ワクチンにはコロナウイルスが入っていますが、新型コロナとは型が違うから効果のほどは不明。
以上です。要は、新しいタイプなので、よ〜わからんという事です。今後も詳しい情報が入り次第、ホームページに載せていきます。

では、本論です。例によって友人の分析です。
友人:中東地域でイエス・キリストが当時の人々に歓迎されて、結婚して神の理想家庭を出発したならば、その教えは当時のローマ帝国の勢いで一気に東アジアにも伝わるはずでした。
イエス・キリストの教えとは?要約すれば以下の3点です。
@ 罪の根本原因:人類始祖アダムとエバの時期を間違えた不倫関係で堕落したこと。以後、人類はサタンの血統を受け継いで生まれていること。(罪業の根本原因)
A 堕落の原因を作ったのが、サタンと呼ばれる天使長ルシファーであること。(サタンの正体の解明)
B 神の理想は、原罪のない男女が結婚をして、神の愛に満たされた理想家庭を創ってほしいという事。(神の本来の創造目的)

イエスのこの教えがモンゴル地方に広まったら、その子孫であるスサノウの家系はこれらの教えを最大限に尊重して、出雲を中心に国造りを成したことでしょう。
たとえ九州地方を平定したとしても、彼自身もともと人望が厚かったのですから、極めて民主的に統治したことでしょう。当然、イエスの教えも一緒に広まります。
従って、現地妻なる卑弥呼と結婚(重婚)することもなく、むしろ神の血統を引き継いだ王として、卑弥呼にふさわしい相手を選び、「神の祝福の祈り」を捧げて、お祝いしたことでしょう。
そうすれば、日本は出雲を中心とした神の王国が出来あがり、そこから特に大和地方に広がりをみせていきます。大和を中心に、神の家庭が全国に広がり、日本は神の願い通りの理想天国になったはずです。
当然、スサノウとクシナダ姫は夫婦仲も良く、葛藤や不信感のない家庭が実現したはずです。

しかし、現実は、イエス・キリストを当時のユダヤの民が理解し受け入れる事をしなかった為、「神の愛による統治」ではなく、サタンが全面的に治める「武力・力による統治」の歴史が発展してしまいました。
イエスの十字架の後、悲しみに満ちた神はそれでも人類を救おうと、将来の再臨のメシヤ(救い主)を再度地上に誕生させるため、2000年間の人類の償い期間を定めて、2000年後再臨主を地上に送った時には、人類が受け入れやすいような政治・宗教体制の準備としてキリスト教を復興させます。更に再臨主を、黙示録の予言により「東方=日の出ずる国」に誕生させ、その国がアダム型の国、それに相対する国として島国のイギリスを女性型(エバ国)の国として準備して、その子供、アベル型の国として、アメリカを準備したのです。(故にイギリスは女王の国なのです)

しかし、もし万が一、イギリスやアメリカがイエス当時のように再臨のキリストを受け入れないという過ちを繰り返すかもしれない、その時の代替えの国として、同じ島国で女性型の国として東洋に準備することまで、2000年前から神の計画にはあったでしょう。

そうなると、島国で女性を崇める国造りの基礎を創る為に、現地妻を迎えてしまうという失敗を犯したスサノウの妾、卑弥呼を天照大神として立てて、「女性型の国の‘スペア’」を立てねばならないとまで考え、スサノウを九州地方に行かせて、卑弥呼と結ばれるように計画されたのかもしれません。

既に第二次世界大戦の項で述べたように、日本はサタン側のエバ国家として位置づけられました。しかし敗戦から急激に立ち直り、短期間に世界を凌駕する経済大国になれたのは、再臨主が来られてキリスト教が受け入れなければならなかったイギリスの失敗のため、サタン側のエバ型の国だった日本を神が祝福して、神側のエバ国家に任命したからです。神の祝福=‘天運’が無かったなら、敗戦国がこんな短期間で経済大国にのし上げる事はできません。

神の人類救いの計画は遠大で長期間にわたる為、私たちのような人間の浅知恵では測れないところがありますね。
この続きは次回に・・・。

ローマ帝国地図2.png
ローマ帝国時代の地図(ネットより)


天照大神.jpg
天照大神 (ネットより)





posted by 城北通り動物病院松江 at 19:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: