2019年12月22日

神の人類救済計画からみた世界大戦の原因@

皆様、師走の何となく慌ただしい時期になりました。煩雑な用事にかられブログ記事が大幅に遅れてしまい、申し訳ありません。インフルエンザが流行っているそうです。忘年会などで羽目を外して、体調を崩さないようにお願いします。
寒い季節、猫ちゃんは風邪をひきやすいし、ハムスターや鳥さんは寒さで動きが止まりやすいです。お気を付けください。

さて、更に歴史分析は現代に近づいてきます。神の人類救済計画という観点から見たとき、第一次、第二次世界大戦はどういう意味があるのか?ということを例の友人に分析していただきます。

友人:神が実在するなら、世界大戦が何故?勃発し、同じ人間同士でこんなに殺し合わなければならなかったのでしょうか?
戦争はいつも政治・経済・思想などが原因で起こります。私たちが今まで歴史で学んできたのはそういう史実だけですね。しかし、世の中に偶然というものは無く、今までみてきたように背後には必ず悪の主権をアダム・エバの堕落時代から6000年間維持し続けたサタンと、サタンに支配された人類を神側に取り戻すための‘闘争’との関係があると現代神学では解釈するのです。

今まで歴史を解析してきましたが、結局歴史の目的は‘再臨のキリスト’を地上に迎えて、神を中心とした地上天国を創るための歴史でした。
前回までで、再臨のキリストは歴史の同時性という観点から判断すると、1920〜30年代ごろに地上に誕生するのでは・・・と予想されます。しかしそのことがサタンにとっては今までの歴史の中での最大の脅威であり、何とかサタン主権を奪われないために必死に抵抗する‘最後の発悪’として、戦争が起きてしまうのです。では、詳しくみていきましょう。

@ 第一次世界大戦
・天の側と悪の側に分かれて、闘いが起きます。そして、天の側が勝利を収めて神主権の世界を建てるために一歩ずつ近づくという公式です。
第一次世界大戦は、神の救いの方向と同調する国が神側、逆の方向に向かうのはサタン側と判断されます。
・神側は米・英・仏・露などの連合国が組んで、トルコなどの回教の国からキリスト教徒を解放させようとする戦いでしたので、これら連合国は神側になります。
・ドイツ・オーストリアは、回教の国であるトルコを指示したので、サタン側という位置づけになります。特にドイツのカイゼルは汎ゲルマン主義を主張して世界制覇という自己中心主義を目論んだのです。

結果的には、連合国側(米・英・仏・露)が同盟国(独・オーストリア・トルコ)に勝利して、第一段階の神側の勝利を勝ち取ったのです。

トルコの回教(イスラーム)もアブラハムの宗教といわれ、キリスト教と類似した唯一神を信奉しています。同じ宗教なのに・・・という疑問が出るかと思いますが、宗教にはそれぞれ期間ごとに使命があります。ある宗教がその使命期を過ぎても、次の時代の新しい使命を担当して現れた宗教の進む道の障害となる立場に立てば、サタン側となります。

近世以降に出てきた唯物論者(神を否定する理論)はすべてサタン側と判断されます。その思想を持つ人の中で、どんなに人の為に生きた良心的な人がいたとしてもです。ですから、共産世界はサタン側であり、信仰の自由が許されている民主世界はすべて神側となるのです。

世界大戦を通じて、サタンが強固に造り上げた世界を一つずつ壊していく計画が進んでいったのです。たとえ数百万人という犠牲が出たとしても、これから何世紀も続く世の中で、人々の心情を蹂躙し、最終的には人類の全滅に追い込むサタンの計画には、親なる神は血涙を流しながらでも断固として抵抗し、阻止せねばならなかったのです。
次回は第二次世界大戦の分析です。

今年はこれまでです。皆様、来年が皆様とかわいい動物たちにとって素晴しい年になりますよう心からお祈りします。
以上

daiichiji .jpg
第一次世界大戦(ネットより)


daiichiji2.jpg
第一次世界大戦勢力図 (ネットより)


posted by 城北通り動物病院松江 at 09:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: