2018年11月07日

歴史にみる神の人類救済計画〜イエス・キリストの生涯@〜西洋神学史観

皆様、こんにちは。朝夕が急に冷え込んでまいりました。今回はブログ投稿が遅くなりました。季節の変わり目、健康には十分にご自愛ください。特にこれから寒くなってきますと猫ちゃん達の風邪が増えます。暖かくしてやって下さいませ。

さて、今回は神の救済計画の最大ポイント、イエス・キリストの生涯その@です。
イエスとは人の名前で、キリストとは「救世主」と言う意味の役職名です。そういえば来月は世界的なお祭り、クリスマスですね。イエス・キリストの誕生をお祝いする日ですが、昨今では意味も分からず、モールや電飾を飾り、鳥を焼いたりケーキを食べたり・・・。
真の意味よりも、商業ベースに乗ったお祭り化しています。
このイエス・キリストが地上に生まれた目的、神の計画を例によって友人の弁をかりて解説してみます。

友人:イエスは神の一人子と言われる特別な存在として、地上に誕生します。ユダヤ地、ベツレヘムの馬小屋で誕生します。何故?神の子が馬小屋で・・・?
イエスが特別な存在として扱われる理由の一つが‘処女懐胎’です。母マリヤは処女で夫もいないのにイエスを身ごもったとあります。医学的にはあり得ない話です。将来の夫のヨセフとはまだいいなずけの段階で、結婚してはいませんでした。マリアに天使が臨み、「あなたは神の子を産むでしょう。その子をイエスと名付けなさい」と言います。マリアはひどく戸惑って「私にはまだ夫がいませんのに・・」と言うと、天使曰く、「聖霊があなたに臨み、あなたは神の子を生む」というやり取りの後、やがて懐胎します。(ルカによる福音書1:30〜35 抜粋)しかし、当時の世間一般では、夫がいないのに身ごもったので、不倫したマリアと言う目で見られます。

聖書をよく読んでみると、イエスの父はだれか?という事が推察されるヒントがあります。しかし、後世の人々がどうしてもイエスを神格化しないといけない事情にかられ、「奇跡の誕生」を伝承してきたのです。

当時の神学の主流はユダヤ教といい、前回記述しましたモーゼの教えを体系化したものです。そのユダヤの地はヘロデという王様が支配していました。今で言う住民登録調査があり、母マリヤは身重のまま、先祖の地ベツレヘムに赴きます。
当時の法律では不倫の女には石をぶつけて殺してもいいという決まりがある社会でした。当然身重のマリヤは人目を避けて旅をしなければなりません。旅館に泊まれずに、仕方なく馬小屋で宿泊した時にお産が始まりイエスが生まれたといういきさつです。
この時、「神の一人子が産まれる」と啓示をうけた東方の三博士という人達が貢物をもって駆けつけました。そのくらい奇跡的な出産だったのです。
夫になったヨセフは、マリヤの出産をいぶかしく思った事でしょう。しかし、彼も信仰者で、懐胎したマリヤを妻に迎えたのでした。
夫ヨセフの仕事は大工さん。だから、イエスは大工の息子として育ちますが、聖書にはイエスの幼い頃の記事がほとんどありません。12歳のころ、街に出た時にイエスがどこかに行ってしまい、母が必死に探す場面が出てきます。
イエスは教会に行って、神学者の話を聞いたり質疑応答をしていたのです。イエスの答えに人々は皆、感嘆したと記されています。

母がやっと見つけて、勝手にいなくなった事を叱った時、イエスは「どうしてお探しになったのですか?私が父の家(神の家=教会)にいる事をご存じなかったのですか?」と答えています。(ルカによる福音書2:41〜52 抜粋)
神の一人子が誕生したなら、その生い立ちも華々しく、聖書に事細やかに記録として残すのが普通です。しかし、書けない事情があったという事がわかります。(不倫の子のレッテルを貼られた人・・・・)

大工の息子として成長したイエスは、30歳から伝道を開始します。当時のユダヤ教神学の学者や法律家などを相手取り、ことごとく論破して行きます。
当然、一目おかれる存在になってきます。

さて、ここに「洗礼ヨハネ」という特別な人物が登場します。この人物がイエスの生涯と運命を決定づける重要な中心人物になってきます。
この続きは次回に・・・。



受胎告知.jpg

キリストの受胎告知 (天使とマリアとのやりとり ネットより)
posted by 城北通り動物病院松江 at 13:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: