2018年10月04日

歴史にみる神の人類救済計画 D モーセの路程 〜西洋神学史観〜

皆様、夏バテなどございませんか?やっと涼しくなって参りました。木々も紅葉が出始めています。忙しく、やっとブログが更新です。
しかし、今年は国内でも水害や台風被害、地震、世界各地でも同じような災害が続出しています。特に地震報道があるたびに、3.11の東北大震災で、津波にのみ込まれて多数犠牲になった学校の児童がいつも思い出されます。こういう時に考えさせられるのは「人の一生」という事です。病気にかかり高額な医療費をかけても必死に頑張る人もいれば、直前まで元気だったのに一瞬で亡くなってしまう人もいます。

先進国では本当に必要なのか?と思われるほどの薬を出される医療がある反面、発展途上国ではどんなに医療を受けたくても受けられなくて亡くなって行く人がいます。
いずれの立場でも、「死後の世界」がわからなくなった人類は、悲しい存在なのでしょう。人類始祖が堕落しなければ、死後の世界がどんなに希望あふれる素晴らしい所なのかがわかるそうです。でも、今の世の中でそれを悟っている方は少ないでしょうね。

では、本論。今回は「モーセの時代の救いの計画」です。例によって、友人の弁です。
友人:前回まではヤコブという人が兄と一つになったので、やっと家庭次元で神様の願いを果たしました。その後、ヤコブはエジプトに行きそこで子孫が産み増えて民族が出来上がります。これをイスラエルの民と呼びます。しかし所詮よそ者。エジプト人から見れば、皆、奴隷扱いでした。
400年間、エジプトで苦労をしているイスラエルの民に、ついに解放者が現れます。その名は‘モーセ’。昔の映画「十戒」に出てくるリーダーです。彼は、赤ん坊のころ川に流されたのを、エジプト王の娘がたまたま通りかかって保護し、乳母を探したら、丁度モーセの実母がその乳母となり、王宮で第二王子として成長します。実母はモーセに徹底して真の神様を教えてきました。

成長したモーセはイスラエルの民を解放する為、立ち上がります。王宮の栄耀栄華を捨て、何にもない荒野へと同胞を連れて、神が本来イスラエル民族に準備したカナンという地を目指します。しかし、エジプトを出る時、王をだまして出発しましたから、当然エジプト軍が追いかけてきます。そこで、有名な紅海の海の水を2つに分けて、イスラエルの民が渡りきると、海は元に戻り、大勢のエジプト軍は水没するという、「紅海の奇跡」が起こります。
その後荒野を進みながら、モーゼは必死に神にすがりついて、カナンへの道を進みますが、のど元過ぎればなんとか・・・で、イスラエルの民は不平不満ばかり。結局、真の信仰から外れる様になったため、モーセは40日断食して神から「10条の戒めの御言葉」を受けます。これが有名な「モーセの十戒」と呼ばれ、これを原点にして、旧約聖書が作られたり、現代の世界中の憲法の元となっています。
その一節には「汝、目には目を、歯には歯を。」というのがあります。

結局、度重なるイスラエルの民の不信仰によって、モーセも怒りを抑えられず神の願いから離れてしまった為、あんなに苦労の人生を歩みながらも、目的地カナンの直前で「あなたは、かの地(カナン)には入れない。お前の弟子が入るであろう」と神から言われます。泣く泣く、小高い丘から目的地を眼前にして亡くなって行きます。可哀相な人生でした。

この民族次元のモーセの路程が、将来神の独り子として地上に誕生するイエス・キリストの将来と一生を決定付ける象徴的な路程になります。

私:幾度か、モーセの話は耳にします。昔は「十戒」の映画で、チャールトン・ヘストンがモーセを演じていました。いい演技でしたね〜。最近では、2014年「エクソダス 神と王」という映画が配信され、クリスチャン・ベールがモーセを演じました。
歴史の中で、神に期待された人が沢山現れますが、神の為に苦労したのに報われず、本当にかわいそうな生涯をおくった人の一人がモーセですね〜。
この続きは次回に。


51+UopCdsxL._SY445_[1].jpg

映画十戒より:不信仰なイスラエルの民に怒り、折角神から授かった十戒を記した石版を壊すモーセ  (ネットから引用)
posted by 城北通り動物病院松江 at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: