2018年08月30日

歴史にみる神の救いの計画 そのCヤコブの勝利 〜西洋神学史観〜

残暑、お見舞い申し上げます。今年は本当に異常気象ですね。山陰地方でも今でも連日35℃、台風も直角に曲がるなど、例年に無い現象です。中東の砂漠ってこんな感じかな〜と想像しますね。
毎年高齢の仔たちが、暑い夏の試練を越えて、‘やっと涼しい秋’になった途端、急に体力が低下して亡くなるケースが出ます。衰えた体力をしっかり食事でサポートしてください。かといって、ウナギや急に美味しい物を突然与えたりしないで下さい。下痢や吐き気がでますから〜。

さて、前回の続きです。例によって、私の古い友人の弁でまとめます。
前回はアブラハムが最愛の子イサクを神に捧げようと決心して、親子2代で信仰の基準を立てる事が出来ました。あとは、その子孫が救世主(メシア)を迎えられる数の基盤を造る事が出来るか?です。
イサクには、エサウとヤコブという2人の男の子がいました。エサウは猟師、ヤコブは羊飼いです。ずっと以前にも説明しましたが、アダムの家庭で長男のカイン(サタン側)と次男アベル(神側)の2人が一つになっていたら、アダムの家庭に救い主が来るはずでした。(※詳細は当ブログの5/28日号を参照)
しかし、失敗したため、それから約2000年後に同じパターンが出てきます。人類始祖の堕落した経緯から、長男はサタン側、次男は神側の立場に立てて、次男が長男と一つになればその家庭に救世主が来れる様に神が計画しました。

ある日、エソウが猟から戻って来た時、ものすごくお腹がすいていました。弟ヤコブはレンズ豆の煮た物を料理していました。兄エソウは「腹減ったからその豆くれ〜」と言います。ヤコブは「お兄さんの長子の権利を私に下さい。そうしたらあげます。」と条件を付けます。兄は「そんなものやるから、早く食べさせてくれ〜。」・・・これで一家の長子の権利を兄が軽んじました。
さて、父であるイサクが老いた時そろそろ家督相続の話が出ます。父は長男のエソウに「狩りに行って美味しい肉料理を私に食べさせなさい。そうしたら、家督を譲る。」と言います。ここで、母親のリベカという人が出てきます。父イサクが神の前に立てた信仰を相続する儀式が家督相続です。先の兄が長子の権利を軽んじた事を条件にとって、神の願いを知ってる母は、次男のヤコブ(神側)に家督を相続させたいと思い、ヤコブを指導します。
エソウが外出している時に、ヤコブをエソウに変装させて、目の見えない父から家督相続の祈りの儀式を受けてしまいます。

やがて、エソウが帰って来て父の元に料理を持って行って家督相続の祈りの儀式を受けようとしますが、既に弟が奪ってしまったので、どうしようもありません。
弟のした事を知り、兄エソウは怒り、カインの時と同じようにヤコブを殺そうと探し回ります。

それを見越して、母は、弟ヤコブを叔父の所に逃がしてしまいます。
一見すると、弟ヤコブがズルをして兄エソウから大事な家督相続権を奪った事は、悪い事の様に見えます。しかし、もともとサタンがエバをだまして堕落させてしまったのですから、神側も偽ってでも救いの計画を進める事が出来るのですね。

ヤコブは実家から逃げ出して、叔父ラバンの元で21年間、叔父に騙されながら苦労して働きます。そこで妻をめとり家庭を持って、一生懸命財物を蓄えます。
月日は経ち、叔父の所に逃げて来て21年が経ち、いよいよ叔父の元を去り兄エソウの待つ実家に帰ります。
当然、兄エソウは怒りを忘れず殺そうとしていますが、ヤコブは自分が働いて蓄えた財物、召使、妻子を7グループに分けて、時間差で次々にエソウにプレゼントして行きます。
その様子に頑なだったエソウの怒りは徐々に静まり、最後にはヤコブ自身がエソウの前で7度お辞儀をして挨拶したので、エソウはすっかり許しの心になり、劇的に抱擁して和解します。

歴史上、初めてサタン側の人物が神側の人物と一つになるという事が起きます。この事は、聖書では単なる物語で読み流されてしまう内容ですが、実は重大な神の計画が隠されている事が判明されました。
アブラハムと息子イサクの2代で神への絶対信仰を立て、その子エソウとヤコブの和解で、この家庭が3代で勝利したという基準が立ちました。これにより、この家庭に救い主(メシヤ)が送られても良い条件が立ったのです。実に、アダムの家庭の失敗から2000年かかりました。  以上。
この続きは次回に〜。

E383A4E382B3E38396E381A8E382A8E382BDE382A6-thumbnail2[1].jpg

ヤコブとエソウの和解   〜ネットから〜


6.JPG

久々に登場、仙台時代の患者様。カナンちゃん ノルウージャン9kg



posted by 城北通り動物病院松江 at 20:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: