2017年03月11日

家庭の重要性   〜出雲神学からの考察I〜

皆様こんにちは。桃の花が膨らんで、春めいて参りました。お元気でしょうか?
今回は「家庭」というものがいかに重要か?ということを掘り下げます。

前回までの現代神学のポイントを整理してみましょう。
1. 神はわが子として人を創造されたということ。したがって神と人間の関係は愛を動機とした親子の関係であること。
2. しかし人類始祖は、成人になる前の自己責任が試される重要な「成長期間」に、神の戒めを破って姦淫の罪を犯してしまったということ。本来神が共に住もうと何億年もかけて創造されたエデンの楽園から追い出されて、神も干渉できない立場に人々は堕ちてしまったこと。
3. 神が人類始祖の堕落に干渉できなかったのは、神のすべての能力である創造性・自主性・主体性を人類に付与するために、神自身も干渉できない期間(成長期間)を設けて、その期間は人間自身の考えのみで行動するように決められた為であること。
4. 人類最初の女性であるエバを天使長ルシファーが奪ってしまい、その血統を汚したため、この世の人類はサタン(ルシファー)の子孫となって知らず知らずに破滅の道を歩んでいること。
5. しかし、神は親であるがゆえに決して救いをあきらめず、神の一人子であるイエス・キリストを使わされ、サタンと関係のない無原罪の家庭を作って新しい出発をされようとしたこと。
6. しかし、サタンはそのことを死にもの狂いで阻止するため、イエスを十字架につけて殺してしまったということ。
7. 神はなおもあきらめず、必死に人類を神の元に導くために、聖書を歴史に残し黙示録に再臨のキリストを地上に送ると予言されたこと。
以上が今までの話しをまとめた内容だったように思います。
では、神が望まれる家庭とはどのようなものなんでしょうか?例によって友人の弁です。

友人:家庭が如何に重要でしょうか?それは愛が動機となって出発したものだからです。
たとえば、ある人は「会社に行っても愛を探すことができる」というかもしれませんが、違います。会社は物質を通して利益を得ようと連結された所です。また、政治の分野は人同士が自分の権益を得るところです。そして宗教も神様を見出すありとあらゆる方法があり、それぞれの宗教で異なる方法があります。それで神様を見出すことはできますが、愛は見出せません。本当の愛は家庭で探さなければならないのです。

私:なるほど。そういわれればそうですね。
友人:いくら会社に出て行ってお金をたくさん稼いでうまくいったとしても、愛する家庭の無い人は不幸な人です。またいくら政治の分野に進出して大統領になったり国会議員になったりしても、帰ってきて愛することのできる愛の家庭が無くなるときには不幸な人です。有名な宗教指導者になり、その教団の信者から愛を受けると言っても、その愛だけではダメです。その愛よりも深く、さらに中心的な愛の場を求めようとすれば、それは家庭しかありません。

いくら世界万民のために働いたとしても、自分の家庭を幸せにできなければ、不幸な人です。愛の理想は家庭から実現せねばなりません。家庭は幸福の巣です。天国は家庭から始まるのです。だから、家庭の出発である「正しい結婚」をしなければなりません。
何が正しいかは神とつながっている良心に聞けばわかります。良心の呵責を感じることは自分を不幸の谷間に追い込むことになります。

母親がわが子を抱いています。ある人が来て、かわいいお子さんですね〜。お母さんより千倍もかわいいと言います。それを聞いた母親は嬉しくなるでしょう。しかしよく考えると、この子より母である自分は千倍醜いということです。しかし、「なんですって、私が千倍醜いですって!」・・・・そんな事を叫ぶ母はいません。
これが無条件の愛の姿なのです。

私:子供を持った母はみなそうですね。よくわかります。だから家庭の愛が最も尊いのですね。
・・・この続きは次回に・・・。

a href="http://johokudori.up.seesaa.net/image/DOG055.jpg" target="_blank">DOG055.jpg
posted by 城北通り動物病院松江 at 19:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: