2017年01月03日

あの世はどんな世界?・・・死後の世界の実相 〜出雲神学からの考察G〜

皆様、明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりありがとうございました。本年もよろしくお願いします。
このテーマを本当は昨年12月に書くはずでしたが、多忙を極めて無理でした。遅くなってすみません。正月早々、お盆時期のような話です。
しかし、今年の正月は暖かいですね〜。元旦の昼間、実家近くの神社(出雲一の宮:熊野大社)に行ったら、長蛇の列。あきらめて帰りました。

さて本論。死後の世界の実相です。人は死後、どのような世界に行くのでしょうか?故人ですが、「丹波哲郎」という俳優さんが、自分は霊界のメッセンジャーだと言って映画を作ったりされていました。では、いつもの友人の弁からです。

友人:以前もお話ししましたが、自然は3数をベースに創造されています。たとえば私たちの指は3つに曲がります。頭部、胴体、脚部の3数。ホップ・ステップ・ジャンプと3数。アメリカ大統領の演説など聞いていても、必ず何かの例を述べるとき3つの例を強調します。
私:なるほど、意識して聞いてみると、3回強調すると説得力ありますね〜。

友人:人は母親の胎内で10月10日過ごします。その時は、まさかこの様な地上生活があるなんて夢にも思いません。生まれてみると狭い胎内と違い、美しい自然やおいしい食べ物など、胎内の中では想像もできない世界に出てきますね。3段階原則を考えれば、次の世界、地上では考えられない世界が次の段階には必ずあるはずです。
青虫が蛹から蝶になって自由に飛び回るように、人は地上の80年〜100年の生涯を終えたら、不自由な体を脱いで、魂(霊人体)になって自由に霊界を飛び回るそうです。

私:では、死んでも怖くないですね。むしろもっと自由になれるんでしょうか?
友人:ハイ。このような霊界が本当にあるかどうか?こればかりは死んでみないとわかりません。ただ、最初から全く無いものなら、今までの長い人類歴史で、宗教だの霊通する人だのが現われる必要も根拠も無いはずです。
神が親として人類を創造したのなら、(当然肉体の限界はありますから)地上生活を終えたら霊界で我が子と永遠に一緒に暮らしたいと願うのが親の立場でしょう。

私:では、天国ってどんなところでしょうか?
友人:残念ながら、私たちが希望するような天国はまだ完成できていないということです。
聖書には、「地上で成就することが天でも成就する」と書かれています。いろいろな霊通人の方たちは、あの世はこの世では表現できないくらいきれいで素晴らしい世界だと言います。確かに、神が創造された地上世界と同じく、天上世界(霊界のこと)もわが子と永遠に暮らしたいとするなら、当然美しい世界のはずです。
しかし、ここで神に対する考え(神観)が重要になってきます。従来のキリスト教では、神は全知全能・何でもできる方、恐れ多い方であり、人間は堕落した罪深い存在と解釈してきました。しかし、最新の神学では、「神は解放されるべき親」と解釈するのです。

今までの神観は、幼児が親の姿を見て時に怖く、時に甘えたい存在と見るような神観でした。科学と社会が発展した今日、いつまでも「幼児信仰」では本物が見えないのです。子が成人になるように、「堕落して神が見えなくなった人類を必死に救おうと歴史を引っ張ってきた神を、どうやって解放してあげるか?」という大人の神観が必要な時代です。

したがって神が解放されるまで、天国はありません。神の一人子と言われたイエス・キリストですら、楽園にいるのです。地獄、中間霊界、楽園、天国の順番と言われます。
今まで亡くなったすべての方で天国に入った人は一人もいません。天国とは神がその悲しみの心を完全に解放されて、初めて出来上がる世界なのですね。

私:では、私たちの先祖も、だれもかも、どんなに生きているときに人々のために尽くして善行を施した人でも、天国には行けていないのですね。

友人:ハイ。理論的に分析すればわかることです。霊界の位置は自分の良心が決める様です。良心は神と通じる部分ですから。たとえば地上で恨みを持って死んだら恨みの霊界に何千年も留まるようです。痛い思いをして亡くなれば、ずっとその思念が残って霊界に行きますから、どんなにきれいな世界を見ても、痛い〜痛いという人々と同じレベルの霊界まで自分で降りてしまい、ずっとそこに留まるのです。それが、地獄と呼ばれたり、中間霊界と呼ばれたり。
ですから、生きているうちに恨みや悲しみや痛みや辛さの思念を全部解放して、穏やかに旅立たなければ、そういう高い霊界に行けません。
生涯無信仰で、自己中心に生きて来て死ぬ間際に、アーメンと唱えて懺悔すればイエスの元に行ける・・・???盗みや人殺しや不倫しまくって、阿弥陀仏に帰依すれば許される・・??とんでもない話です。
それで許されるなら、そんな人達のせいで犠牲になった方々はどうしますか?あまりにも不平等でしょう。
霊界は原則と法則に厳しい世界です。罪を犯したならそれに見合う贖罪の条件を生きている間に、ある一定期間立てて行かなければ、死んでからは贖罪も何もできなくなります。
肉体を持って罪を作ったのですから、肉体で償う以外道はないのです。
だから、地獄や中間霊界に何百年、何千年と留まり続けねばなりません。

唯一、解放できるのは地上の子孫が生きている間に、身代わりの贖罪条件を立ててくれることです。これが贖罪の原則論です。

最後に、神は全知全能で親の心を持った存在ですが、人に自主性と創造能力を与えた以上、人のやることには干渉できないという原則の神なのです。だから、助けたくても人が親に向かなければ、手が出せない・・・もどかしい神なんだということです。

私:体が不自由なら霊界に行って自由になれると以前聞いたことがあります。しかし、逝く前に反省と善行が必要なのですね。新年早々、心を正されます。
この続きは次回に・・・・。


IMG_0752.JPGIMG_1091.JPG

出雲一の宮 熊野大社  元旦参拝風景
posted by 城北通り動物病院松江 at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: