2019年08月22日

繰り返される歴史にみる神の人類救済計画 D 〜西洋神学史観〜

皆様、こんにちは。今月は冷夏と思われたのに急に暑くなり、体調を崩す動物たちの多いこと。今年の夏は例年になくおかしいです。皆様も体調管理には十分お気をつけくださいませ。
さて、数回にわたって歴史のスパイラル(繰り返し)の原因を探ってきましたが、一応、この項目では今回が最後です。では、例によって西洋神学にみる歴史の終着点、近代〜現代史の内容を友人の弁で解説してもらいます。

友人:前回まではイエス・キリストが誕生する以前の約400年間の内容を中心に語りました。今回は、イエス誕生から、約2000年間で近代〜現代を迎え、何が起こったかを見てみます。
以前も書きましたが、文明や科学の発達は右肩上がりの直線型ではなく、じっと低迷しながらある時に一気に上がる双曲線型をとります。何故でしょうか?
大雑把な年代を列記しますと、旧約時代のアブラハムからイエス誕生まで史実を中心に共通項を探ると400+400+120+400+210+400≒2000(=1930)年となります。同じく、イエスから現代までを史実の内容が繰り返される事を着眼して、この数字にあてはめますと、400+400+120+400+210+400≒西暦2000(=1930)年になります。この最後の400年間に実は文明や科学が一気に発達しています。

1) 内面(精神)分野:1517年マルティン・ルターが宗教改革ののろしを上げ、成功します。実はルターより約100年前に封建制度とローマ・カトリックの腐敗堕落を嘆いて、同じように宗教改革を叫んだ人物でフスという人がいましたが、改革できず処刑されました。しかし、100年後に同じ内容を叫んだルターは成功します。何故か?フスは「歴史の同時性」から観察すると、300年目だったので時期尚早でした。400年目でないとだめなのです。神の摂理は数理性を伴うからです。例えば、ある人が罪を犯して刑務所に入るとすると、必ず「刑期」があります。人類が罪を犯した以上、「償いの期間」が必要なのです。これが数理性の原因です。

2) 外面(政治・経済・生活)分野:ルネッサンス(文芸復興)が14世紀にイタリアから起こります。はじめは中世の人々をギリシャの古代に帰らせ、その精神を模倣させようとする運動から始まり、やがて古典文化を再生し中世的社会生活の改革運動に発展します。これが、政治・経済・宗教分野にまで拡大して、近代社会を形成する原動力になります。
何故?急に発達したのでしょうか?

上記のように、人々の内外両面の改革が進んだのは、約2000年前イエス・キリストを迎える準備として仏・儒・哲学などやローマ帝国が興ったように、再臨のキリストを迎える準備として発展してきたと解釈するのが一番合理的解釈といえます。

新約聖書の最後、黙示録という予言書に、「日の出ずる方角から神の使いが現れる」と予言されています。ですから、近代―特に1900〜1930年頃、キリスト教の様々な派閥や日本でも新興宗教が興り、再臨運動(イエスの生まれ変わりである再臨のキリストが地上に現われるという運動)が盛んになりました。
参考:「(新約聖書、黙示録7章2〜4節):また、もうひとりの御使が、生ける神の印を持って、日の出る方から上って来るのを見た。彼は地と海とをそこなう権威を授かっている四人の御使にむかって、大声で叫んで言った、 (中略)4 わたしは印をおされた者の数を聞いたが、イスラエルの子らのすべての部族のうち、印をおされた者は十四万四千人であった。」

神の摂理は人類を救い地上に天国を建設することです。もし、再臨主が来られて天国を作ろうとしても、江戸時代300年のように最初から最後まで移動手段が馬か駕籠の文化では到底天国とは言えません。だから、神の子=再臨主をもう一度地上に迎えるために、政治・経済・文化・宗教分野で、その準備を整えるのに精神と生活の分野の改革が400年間かかった・・・と解釈できます。

次回はこの400年間をさらに詳しく見ていきます。再臨とは?一体どんな姿で、どの国に、いつ頃に来られるのか?それらを明確に予想できる材料が近代史にも表れています。    この続きは次回に・・・。



maruthinruta-.jpg

1517年 マルティン・ルター (ネットより)


ルネッサンス.jpg

ルネッサンス関連画像(ネットより)






posted by 城北通り動物病院松江 at 10:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする