2019年07月25日

繰り返される歴史にみる神の人類救済計画 C 〜西洋神学史観〜

皆様、こんにちは。今年の夏は冷夏で、しかも山陰地方はいつごろ梅雨入りしたのかわからないくらいの変な天気です。例年だと熱中症の仔たちが運ばれてきますが、今年はほとんど来ません。

では、例によって神学にみる歴史の終着点の内容を友人の弁で解説してもらいます。
友人:3回にわたって歴史の繰り返す内容を宗教史から分析してきましたが、いよいよ佳境に入ります。例によって、旧約時代を@、新約時代をAとして、@→Aの順番に解説します。少し詳しい解説が必要なため、今回はその@です。

@ :イスラエル民族がバビロン捕虜から解放されてエルサレムに戻ってから、信仰のよりどころである神殿を建設し、また偉大な予言者といわれるマラキの指導の下、今までの邪神信仰(偶像崇拝)を悔い改め、原点にかえりモーセの律法を研究しなおして、神が願われる本来の信仰を取り戻します。そして、400年経って、メシヤ(イエス・キリスト)がこの民族の中に誕生します。
不思議なことにこの400年の間に、インドでは釈迦牟尼(前565〜485)が仏教の土台を発展せしめ、ギリシャではソクラテス(前470〜399)が哲学やギリシャ文化を開拓し、東洋では孔子(前552〜479)が儒教を解いて人倫道徳感を高めるなど、心の面での刷新運動が急に盛んになりました。社会面では「すべての道はローマに通ずる」といわれるくらい、地中海を中心に勃興したローマ帝国が、広大な政治版図を持ち、シルクロードを通して東洋への道を開拓します。

何のために?この400年間で精神面〜政治・国家面がこのように発達したのでしょうか?
文明や文化、科学技術の発展というのは、正比例直線の右肩上がりで徐々に発展するのでなく、双曲線を描きます。つまり、イエス・キリスト生誕の400年前から、急激に人々の内面(心)と外面(環境)が急に発展します。全ては神が人類救援のために最後の準備として地上天国の環境を整え、その土台の上にメシヤ=救い主を誕生させて、人類を一気に救おうとされたのです。
もし、イエスを当時のユダヤ民族が受け入れてその教えを信奉したら、イエスの教えはローマ帝国の国教になり、シルクロードを経て、インドや東洋に一気に教えが広まり、国境のない地上天国が出来上がったはずでした。そのための準備の400年間だったのです。

しかし以前に書きましたように、当時のイスラエルの民はイエスを十字架にかけて葬ったのです。
イエスが現われるのにアダムから4000年間(聖書歴)かけて準備したものが、十字架で全部水泡に帰したのです。この続きは次回に。

ローマ帝国地図.png

ローマ帝国版図 (ネットより)


shaka .jpg

釈迦(ネットより)

ソクラテス.jpg

ソクラテス(ネットから)

孔子.jpg

孔子(ネットより)





posted by 城北通り動物病院松江 at 09:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする