2019年04月21日

繰り返される歴史に見る神の人類救済計画  〜西洋神学史観〜

皆様、今月はブログ記事が遅くなりました。さすが4月。ただでさえ忙しいのに、雑用まで加わって多忙の極みです。やっと少しづつ暖かくなってきました。ノミ・マダニには注意しましょう。

さて今回はキリスト教の歴史を中心に、なぜ?同じような事が約2000年のスパイラルで起こってきたのかという疑問の答えを、また友人に語って頂きます。
友人:簡単に整理します。
・アブラハムからイエスの出現までを、モーゼの教えを中心とした「旧約時代」(旧約聖書の時代)と言います。
・イエスの出現以降、近代までの時代を、イエスの教えを中心とした「新約時代」(新約聖書の時代)と言います。

前回までは、イエスの出現から、キリスト教の迫害〜国教化まで約400年であったと言いました。丁度、アブラハムの子孫(ユダヤの民)がエジプトに奴隷として連れて行かれて、400年間苦役を強いられて、モーセという解放者がエジプトから連れ出すまでの期間、まさに内容も年数もイエスから400年間とそっくりです。

新約時代:キリスト教がローマ帝国の国教になってからは、広い地域を6つの教区に分けて、夫々教区長という代表者が強い権限を持っていました。それを一つにまとめたのが西暦800年チャールズ大帝です。この時代を「教区長制キリスト教会時代」と称します。
旧約時代:モーゼが出エジプトを終えて、その子孫がカナンという目的地に入植して、大きな国をつくります。そして士師と呼ばれる強い権力を持った者が地域を治めます。やがて、サウル王が一つにまとめるまでの期間を「士師時代」と呼び、約400年間です。

単に、年代だけを適当に引っ張り出して、「すごい、歴史が繰り返している!」というなら、それはこじつけになります。この歴史観のすごい所は、繰り返される内容がほとんど一致していること。ここに、どう考えても神が働いているとしか考えられない流れが出来上がっています。

新約時代:西暦800年チャールズ大帝がイエスの教えを中心とした国家を造り上げますが、残念ながら後継者が絶えてしまいます。やがて選挙制になり、919年ヘンリーT世がドイツ王位につくまでの119年間(約120年)を「キリスト王国時代」と称します。
旧約時代:サウル王が在位40年、次にダビデ王も40年、最後にソロモン王が40年国を治めますが、やがて崩れていきます。このサウル王〜ソロモン王までの120年間が「統一王国時代」と称します。
神の教えを中心とした王国が旧約時代も新約時代も共に120年で滅亡するという史実が起こります。神は何度も人類に手を差し伸べて救済を導きますが、時の中心人物の責任が果たせないため、またぞろ歴史を延長して同じことを繰り返してきているのです。(前述=神の責任性と人間の自主性の項目参照)

この続きは次回に。

王チャールズ大帝.png

チャールズ大帝 (ネットから)


solomon.jpg

知恵者ソロモン王 (ネットから)


posted by 城北通り動物病院松江 at 18:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする