2019年03月15日

イエス以後のキリスト教史と歴史のスパイラル  〜西洋神学史観〜

皆様、こんにちは。今年の山陰地方は暖かく、木々の花・草花たちが混乱しているのではないでしょうか?3月2日から、新年度の狂犬病予防注射がスタート。忙しくなります。

さて、前回まで4回にわたって「イエス・キリストの生涯」を友人に簡単に述べてもらいました。今回はいよいよキリスト教史と歴史のスパイラルを、引き続き友人に述べてもらいます。

友人:イエスが十字架で亡くなったあと、人々に憑りついていた悪霊やサタンが一旦離れます。すると、群衆は我に返って「真にあの方は神の子だった」と言いますがもう手遅れ。人間という生き物は、何か失敗すると必死に言い訳したり、隠したり、責任転嫁を始めます。近代までのキリスト教がそうで、「イエスは私たち全人類の罪を背負って、十字架に架かって下さったのだ。だから、イエスを信じさえすれば天国に行けるんだ」と極めて都合の良い解釈で逃げてきました。
しかし、よくよく考えてみてください。真面目に良心に従ってイエスを信じて生涯を終えた方と、死ぬ直前まで好き勝手放題に生きて死ぬ寸前にイエスを信じた人、どちらも天国に入るならこんな不公平は無いでしょう?江戸時代の浄土宗の教えも似ています。念仏さえ唱えれば極楽浄土に行ける・・・と。

はっきり申しますが‘天国’とはサタンと関係ない血統(無原罪の血統)を受け継いだ人の家庭しか入れません。神の創造の目的と法則がそうなっているからです。
残念ながらイエスは独身で亡くなりました。だから、天国に入るための待合所と言われている‘楽園’止まりです。当然、私たちの先祖もそうですが、誰一人‘天国’に入った人はいないのです。勿論、神の子である無原罪のイエスが楽園止まりですから、他の歴史上の四大聖人と言われる釈迦・孔子・ソクラテス等の方たちも其々の霊界には居るようですが、神様の元の天国には入れていなくて、不自由だそうです。

結局、当時のイエスの12人の弟子と70人の門徒は先生を十字架に架けたという良心の呵責を痛切に感じて、その後イエスの教えを伝えるために、「全ての道はローマに通じる」とまで言われた一大帝国のローマへ伝道に出掛けます。そこで凄まじい迫害を受けます。歴史で有名な皇帝ネロの時代、キリスト教徒は次々と捉えられ、ローマ市民の娯楽のために、円形競技場でライオンに食わせたり火あぶりにしたりという迫害を受けました。

それが数百年続きますが313年コンスタンチヌス大帝のときにローマ帝国がキリスト教を公認するという奇跡が起こります。そして、392年、あれだけ迫害を受けていたキリスト教はローマの国教になります。
聖アウグスチヌスがイエスの生涯と教えをまとめて新約聖書をつくります。(それまではモーゼの十戒に基づく教え=旧約聖書でそれを信じる人たちがユダヤ教徒と呼ばれています)

イエスから約400年で国教にまでになったキリスト教。このイエスの教えが全世界に伝播されるようになります。
ところで、キリスト教は現代文化のベースになっています。何故でしょうか?神が人類を救うために、全世界にイエスの教えが広まるように手配(摂理)したからです。もし、日本文化が世界に広がっていたら、今もほとんどの人は着物を着ていますね。イエス誕生の約400年前、仏陀が現われてその後仏教が広まりましたが、全世界の文化には至っていません。
つまり、宗教には「神が直接関与される中心宗教」と「周辺宗教」があるという事。宗教は「大基の教え」という意味で皆同じですが、民族や歴史、風習によって異なるだけです。

さて、有名な歴史学者のトインビーは彼の「トインビー史観」で、「なぜか?歴史は繰り返されている」と指摘しました。実はこのことが大きな問題なのですね。

これまででお話ししましたが、旧約聖書に出てくるアブラハムの家庭がイサク・ヤコブの3代で神の人類を救うという願いの第一段階を勝利しました。そしてその家庭レベルでのアブラハムから、神側の民族を作ったモーゼの出現まで約400年間です。
イエスの出現から、キリスト教がローマという国の国教になるまでやはり400年です。
つまり家庭的な勝利から、民族的な勝利、そして国家的な勝利へと神の人類救済が、ほぼ同じ年数ごとに広がってきているという事です。
これ以降の歴史を調べると、実に不思議な‘スパイラル’が繰り返されてきているのです。
これ以降は次回で・・・・。

以上

025B15D-58a33-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].jpg


mig[1].jpg


ローマ帝国の迫害を受けるキリスト教徒 (ネット画像から)



posted by 城北通り動物病院松江 at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする