2019年02月15日

歴史に見る神の人類救済計画 〜イエス・キリストの生涯C〜西洋神学史観

皆様、こんにちは。北日本は寒波が厳しい様ですが、今年の山陰地方は本当に雪が少ない年です。2月に入っても桃や梅の花まで咲いているこの頃。積雪が少ないと雨量が心配で、稲作に影響が出ますね。

では、本論です。イエス・キリストの生涯の最終稿です。例によって友人の弁です。
友人:前回までは、イエスが愛し尽くしたはずの3弟子が裏切り、会計係だったユダがイエスを銀貨40枚で売り飛ばしました。
有名な「最後の晩餐」という絵画をご覧になった方も多いかと思います。12人の弟子たちと最後の食事の席でイエスは「この中に私を裏切るものがいる」と言います。皆は誰だ?とざわめきます。イエスは「その人は生まれてこない方が良かった・・・」と表現しました。それが会計係のユダなのです。

旧約聖書を研究してきた当時の神学者ならイエスの教えや例えが良く理解できたと思いますが、いかんせん無学な漁師や取税人出身の弟子たちでは、奇跡を起こしたイエスをどのように捉え、理解していたでしょうか?ローマ帝国の属国民として虐げられていた人々にとって、イエスは自分たちをローマから解放してくれて、豊かな暮らしを提供してくれる‘解放者’という捉え方しかしていなかったようです。

本来のイエスの目的は、無原罪の(サタンと関係ない血統の)家庭をつくるために来られたのに、価値観が全く合わなかったのですね。だから、神の仕事を決意して僅か3年で十字架の道を選ばざるを得なかったのです。
やがて最後の裁判が行われます。当時の統治者だったピラトという裁判長は、集まった群衆にこう尋ねます。「私はこのイエスに罪があるとは思えない。今日はローマ皇帝の特別恩赦の日である。ここに強盗を犯したバラバという者がいる。イエスかバラバか、どちらか一人を恩赦で許すのだが、どちらにするか?」と。
すると、サタン(悪霊)が入った群衆は一斉に「バラバを許せ!イエスを十字架に!」と叫びます。そこでピラトは「もしイエスを十字架にかけて、それが間違っていたら誰が責任をとるのか?」と聞きます。すると群衆は「もし間違っていたら私たちと私たちの子孫が償いを負う!」と言います。これで決定しました。
イエスは裸にされ、鞭うたれて十字架を担いでゴルゴタという丘に行きます。そこで、両手両足に太い釘を打たれて、高い十字架に磔になります。
この時、イエスの両側に2人の強盗が一緒に磔になりました。左の強盗は「お前が本当に神の子なら、今すぐ奇跡を起こして我々を十字架から降ろしてみろ」と言います。すると右の強盗は、「おまえ、そんな事を言うもんじゃない。我々は罪を犯したから十字架にかかるのは仕方ない。しかし、この方は何の罪も犯していないじゃないか!ととりなし、主よあなたが神の元へ行かれる時は私のような者が居た事を覚えておいてください。」と言いました。するとイエスは「あなたは今日、私と共に楽園にいるだろう」と言います。
最愛の3弟子にも裏切られ最後にイエスを信じたのは右の強盗だけでした。

亡くなる寸前にイエスは十字架上で「神よ、彼らを許したまえ。彼らは何をしているのかわからないのです。」と、自分を死に追いやる人々に対して、神に「とりなしの祈り」を捧げます。「恩讐を愛する」というこの祈りで、イエスの魂にはサタンが手を出せなくなったのです。そして亡くなって行きました。その瞬間、天に暗雲が立ち込め稲妻が光り、神の悲しみが現われます。人々はその光景を見てハッと我に返り、初めて「真にこの方は神の子だった!」と気づきますがもう後の祭りです。

聖書は重要な預言書と言われています。この裁判で群衆が責任をとると言ったとおり、それから約2000年後、ドイツのヒットラーによってユダヤ人600万人の虐殺が行われました。
また、十字架の時の左の強盗は神とイエスを否定しました。これは将来「共産主義思想」が出てくることを示唆し、右の強盗は神とイエスを擁護しましたので、将来の「民主主義」を意味します。
イエスの代わりに解放されたバラバの子孫が「イスラーム」です。
何度も書きますが、イエスの出現の前後で、紀元前後が分かれます。そのくらいイエスは特別な存在であり、歴史は神とサタンとの闘いの歴史であるという事です。

イエスの死後、40日目にペンテコステ(聖霊降臨)が起こり、イエスが霊人体となって12弟子を集め、本格的にローマへのキリスト教伝道が開始されます。
イエスを裏切ったペテロは同じように捉えられますが、先生と同じ十字架では申し訳ないとして、逆さ十字架にかかって処刑されます。それから400年間、キリスト教徒は迫害に次ぐ迫害のなかで沢山の殉教の血を流しながら、最後にはローマ帝国の国教として認められるようになります。

この続きはまた・・・。


1355997026[1].jpg

ゴルゴダの丘 最後のイエス  (ネットから)




posted by 城北通り動物病院松江 at 11:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする