2017年12月28日

大国主尊(オオクニヌシノミコト)の謎 〜出雲神学からの考察〜

寒さが厳しくなってまいりました。皆さまお元気でしょうか?
この時期の山陰は、名物のどんより雲で日中でも暗いです。昔はこの天気が嫌で嫌で、家を出以来40年余り故郷に還ることなど考えませんでした。
今になると、このどんより天気が味わい深く思えてきます。冬の厳しい時期が長いほど、忍耐力・我慢する心が養われます。そして、来るべき春の感動は、おそらく赤道直下に在住の方々より大きいな〜と思います。神様は、よくぞ日本に四季を下さったと思います。

さて、本論です。日本古代史の二大謎、歴史から故意に抹消された神武天皇の舅である「饒速尊(ニギハヤノミコト)=スサノウの3男」と「大国主尊(オオクニヌシノミコト)」を解明するのが、一番大変であったと原田氏(日本古代正史の著者)は書いています。
スサノウやその子供達には「おくり名」が様々についていますが、このオオクニヌシだけはありません。そして墓もわからない?死後500年も経ってから何故?当時の日本一の建造物であると言われた「出雲大社」を造って祀ったのか?等々・・・。

大国主は160年ごろに誕生したようです。島根県飯石郡三刀屋町で生まれたようだという事ですが、両親は不明。180年ごろ、スサノウの末子、須世理姫(スセリヒメ)と結婚。しかし、スサノウはこの婿を快く思っていなかった様です。(出雲大社の神賀詞から)
当時はモンゴル系の伝統で、末子相続の伝統。スサノウとしては、大国主を自分の後継者として評価できなかったようです。スセリヒメが大国主を好きになってしまったため仕方なく許可したが、義兄たちからはかなり苛められた様です。
大国主は通称大黒様と呼ばれています。大きな袋を肩にかけ・・・サンタクロースではなくて、外出時にいつも義兄たちの荷物持ちだったというのが正体。

しかしこの大国主、我々獣医業界では日本最初の獣医療を行った方として知られています。
ウサギが皮を剥がされて泣いていたのを、ガマの油を塗って治したという有名な話。
出雲大社に行くと、像の周りにたくさんのウサギ像があります。

医科、歯科、獣医学の祖といわれ、性格的には軍人や政治家向きでなく、学者肌の人だったようです。185年ごろ、スサノウが亡くなると、約30年位出雲と九州を統治して、55歳前後で亡くなったとのこと。
スサノウと同じように、九州に出征して、これまた同じようにスサノウと九州の現地妻であるアマテラスの間に出来た長女、多紀理姫(タギリヒメ)と一緒になり3男1女を産んでいます。
スサノウと大国主、どちらも「妾」をつくったため、「本妻の恨み」が日本の歴史に流れているのがわかります。(この事が日本歴史上最も大きな問題だと私は考えます。)

学者肌で温厚な性格だと思われる大国主が、何故?九州で現地妻を迎えたのか?
原田氏の推測では、スサノウの九州・日向の現地妻、アマテラスが大国主を大変気に入り、自分の長女である多紀理姫を結ばせたのではないか。また、出雲の本妻である須世理姫(スセリヒメ)が、偉大なスサノウの末娘で家督相続した女性だから、常に婿である大国主を「尻に敷く我儘娘」だったのではないか?だから、大国主も嫌気がさして九州の日向に出向く事が多かったようだという見解です。
大国主の最後の墓は、宮崎県西都市。日向系(南モンゴル族)の墓は皆、円形の古墳ですが、そこに一つだけ四角い古墳があります。これは亡き大国主を愛していた現地妻が、出雲系(北モンゴル系)の伝統を尊重しての事でしょう。これで、大国主の墓所が判明しました。

これは、現代の家族にも十分あてはまる教訓ですね。失礼ながら男性の立場から言わせて頂くと、結婚当時はきれいだった妻が、子供を産んで歳を重ねると、子供は母に付き、化粧もそこそこ、体型も無頓着、亭主元気で外が良くなる、こんなんだから、男どもは浮気に走り、外に子をつくって最後相続問題でメチャクチャ。地位や名誉ではなく、全て‘愛’の欠乏症が原因なのだと思います。更に、背後でそれをコントロールしているのが、神学に出てくる「サタン=ルシファーとその子分共の悪霊」なのですね。

夫(男)の自重は最も重要ですが、妻側としては、いつまでも夫に対しては時に母親、時に妻、時に娘のように‘美’を返す存在位置を守り続ける事こそが、素晴らしい家庭が出来る秘訣の様です。
皆様、頑張りましょう。一年間、ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
平成29年12月末

出雲大社.jpg
出雲大社 (ネットから)

出雲大社ウサギ.png
出雲大社のウサギ像(ネットから)

7.JPG

久々、仙台時代のカナンちゃん(ノルウエージャン 9kg 凛々しい)



posted by 城北通り動物病院松江 at 18:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする