2017年11月29日

天照御大神(アマテラス オオミカミ)と日本国の位置

寒くなって参りました。風邪などひいておられませんか?
今年は例年より寒くなるのが遅かったのか?気温の変化が大きいのか?山々の紅葉がいつもより綺麗な気がします。

さて、古事記・日本書紀の「嘘」を暴き、本当の神観を日本人が備える事が、現在中国に侵略されつつある今後の日本国民が生き延びていく最重要課題だと思います。なぜなら、本当の「神観」を持てば、こんな力強い味方(真の神)がほかにいますか?
今までの日本人は、慣習的に何の疑問も持たず、近所の神社にお参りして真実の神と相対さないで、横向き〜後ろ向きに、祀られた神と向き合ってきました。しかも、自分の都合の良い時だけの神だのみ・・・。
真実の神は唯一神で、私たちとは「親子の関係」であると現代神学が位置付けています。

では本論に。古事記・日本書紀では、天照御大神はスサノウの姉という位置づけで登場します。
スサノウが暴れん坊で、アマテラスは岩戸にお隠れになる…という所から太陽神とも言われています。
全国の中で主だった神社(特にかつて国が管理していた旧官幣大社)を中心に調査した原田氏の「古代日本正史」には、はっきりとアマテラスの正体が書かれています。

天照大神は別名、大日霊女貴尊(オオヒミコ ムチノミコト)と称されます。伊勢皇大神宮に祀られています。全国の古い神社は皆この後の名で祀られています。
大は「大日本、大倭」などと同じく付け足したもの。貴尊は尊称。本名は日霊女(ヒミコ)だそうです。中国の魏志倭人伝には「卑弥呼」として登場します。(中国人は民族性なのか、何でも自分たちが1番で他民族を見下して表現するようで、「卑」という字もそこから来たようです。)

生まれたのは西暦153〜4年頃、スサノウより32年ぐらい後です。場所は現宮崎市の東端、阿波岐原(あわぎばる)町の近くで、当時の豪族だったイザナギ、イザナミの子として誕生します。大日霊女は20歳ごろから統率力もあり人々の人気を集めていたようです。
ところが西暦173年頃、突如として出雲からスサノウと第5子の大歳親子が九州に攻め入ります。九州各地の氏神様を調べると、その大半がスサノウを祀る「八坂神社」や「大歳神社」であることをみると、この親子侵略者でありながら、かなり人気があったようです。そして、九州を「各地の部族である点から一つの面」にまとめ上げました。

その親子が宮崎に入ってきたのが177〜8年頃、大日霊女が23〜4歳のころ。スサノウ親子は北満州系の騎馬民族でかなり強かったようです。(のちに大歳は「天照国照大神」となって、奈良県の三輪山に大物主神として大神(おおみわ)神社に祀られます。)
このスサノウに一目ぼれして、九州の現地妻になったのが大日霊女です。
つまり、スサノウには出雲にクシナダ姫という正妻がいながら、九州の日向にアマテラスという現地妻をめとったという事。アマテラスは、宗教的に言えば「妾」なのです。
やがて彼女はスサノウとの間に三人の女の子を授かります。

(日本書紀の編纂者たちは、姉弟の間に3女が生まれたとはさすがに抵抗があったのでしょう。古事記はスサノウまでは避けて、次の愛人と思われるアメノミナカヌシより記すと断っているが、日本書紀は3女(タギリ姫、タギツ姫、サヨリ姫)を登場させるために本当の事を書いたが、ウソというのはどこかで辻褄が合わなくなるというのが原田氏の見解です。)

数十年前、外国の神学者(東洋人)の方が講演で、「日本は女性の国ですね」という話を聞きました。確かに文明開化からイギリスの国政を学んだ為か、車はイギリスと同じ左側通行です。イギリスも日本も島国。イギリスはエリザベス女王の国、日本の始まりは大日霊女(卑弥呼)なので、なんとなく納得させられます。
そのあとに言われたことは、日本は「妾(めかけ)の国です。」という表現。言われた当時はとても頭に来ましたが、今となってはこの歴史の真実を知れば、しぶしぶ納得します。

大日霊女とその子孫が、スサノウとオオクニヌシの死後、出雲を逆に攻めて「国譲り」をさせます。そして、日本全土を手中に治めます。だから、日本は「妾の国」になったのですね。

スサノウの後を継いだのが出雲大社に祀られている「大国主命(オオクニヌシノミコト)」。この人物も不思議な人です。この続きは次回に・・。

IMG_1719.JPG
国宝「神魂(かもす)神社」ーアマテラスの父母、イザナギ・イザナミが祀られる

IMG_1715.JPG
神魂神社 入口

IMG_1567.JPG
八重垣神社にあるアマテラスとその子の壁画





posted by 城北通り動物病院松江 at 17:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする