2017年09月30日

古事記ヤマタノオロチ(八岐大蛇)退治の真相  〜出雲神学からの考察〜

皆さまこんにちは。秋も深まり、収穫祭の時期を迎えました。全国各地で秋祭りや運動会のシーズン到来です。
涼しくなってきてこれからの心配は「猫ちゃんたちの風邪」です。朝夕の温度差が風邪ひきの原因になります。温かい場所を準備してあげて下さい。ワクチンも忘れずに・・。

さて、今回のテーマは古事記に記されている「ヤマタノオロチ伝説」です。知らない方の為に、その概要は以下の通りです。
「高天原のアマテラス(スサノウの姉?)から追放されたスサノウが、島根県肥の国の上流(現 奥出雲町)に来た時、川の上流から箸が流れてきます。上流を上って行くと老いた夫婦が泣いています。原因は、オロチ(8つの頭、身1つ、尾が8つ)という大蛇が来るため、8人の娘を毎年1人づつ人身御供に差し出している。今年も娘(=クシナダヒメ)の番で、可哀相で泣いているとの事。
スサノウは大蛇を退治するから自分の嫁に欲しいと言い、酒樽を8個準備しオロチが飲んで酔って寝た所を切り刻むとお腹から剣がでてきた(草薙の剣)・・・」というお話。

獣医学的には、大蛇とはいえ異物(剣)を飲み込んでいたら元気・食欲がなくなるのに…という解析も馬鹿らしいおとぎ話です。

前回から紹介している原田氏の「古代日本正史」を読むとスッキリ解釈出来ます。(全国の神社に残っている古文書などを徹底的に調査しての結論です。)
◆まずスサノウですが、西暦122年頃現在の出雲市平田町で生まれた様です。スサノウの父はフツ(満州系の名前)で、スサノウは「フツシ」が本名のようです。日本の開国の祖がスサノウとみるのが正しい様です。
スサノウが20歳の頃に「木次事件(キスキ事件)」が起きます。島根県仁多郡横田町にクシナダ姫という美女が住んでいたようです。現在の島根県雲南市木次町に「ヤマタノオロチ」という製鉄業を営む豪族が住んでいました。昔の出雲地方では、熊鰐(クマワニ)とか荒海といった人名が見つかっているのを考えると、こういう相手を威喝するような流行があり、ヤマタノオロチもその類の名前であるとの解釈が合理的です。

豪族で金持ちなら美女を集めるのは古今東西同じ。で、クシナダを見初めて木次に連れて行ったようです。20代の血気盛んな青年の正義感からか、この娘に一目ぼれしたからなのかわかりませんが、このヤマタノオロチの館に、スサノウが切り込んでいって(おそらく夜襲をかけたのでしょうが・・)クシナダ姫を奪い、追っ手を避けて現在の松江市佐草町にある「八重垣神社」の場所にかくまったようです。何故八重垣か?現在の神社の裏山には垣根を何重にも作った跡があるそうで、そこからこの名前が来ているそうです。
尚、豪族ヤマタノオロチを切った剣は当時一番長い刀で、現在も「十束の剣(トツカの剣)=布都の御魂の剣」として、国宝になっています。

スサノウはクシナダを奪って、父のいる平田には行かずに、おそらく父の知り合いである青幡佐久佐比古という人の居住地である現八重垣神社の場所に逃げた様です。

先日、八重垣神社に行ってみました。境内の説明版に次の様な文言があります。
「・・・この佐草の地に宮づくりしてご夫婦の宮居とされ、縁結びの道をひらき略奪結婚から正式結婚の範を示し・・・・・」この中で略奪結婚とあります。スサノウが映画卒業のようにヤマタから略奪したと言う意味か?またはヤマタが略奪したのを、スサノウが取り返して両親の許可を得て正式結婚した・・という意味か?いずれにせよ、ヤマタノオロチが本当に大蛇なら、こんな文言は出てこない筈ですね。

次回はスサノウの素顔にせまります。

八重垣神社.jpg八重垣神社

八重垣神社 裏山.jpg 八重垣神社 裏山 (八重の垣根があったとされる)


クシナダ姫.jpg  日本最古のクシナダ姫壁画

posted by 城北通り動物病院松江 at 11:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする