2017年08月26日

神々と国土の誕生?―西洋神学との比較  〜出雲神学からの考察〜

残暑お見舞い申し上げます。
今年の夏は冷夏かと思ったのに、短期間での突然の猛暑。でもお蔭で田んぼの稲はすくすくと成長しています。私の実家ではお盆前に稲刈りをして、早速新米を食すという、何か時代が急ぎすぎている感じがします。温暖化のせいでしょうか?

さて、前回は古事記、日本書紀は実際の史実と異なり、かなり創作された「おとぎ話の書物」という話を書きました。余り古事記など読まれていないかもしれませんから、少し内容を見てみます。
古事記は712年太安万侶が当時の元明天皇に献上したとあります。日本書紀は奈良時代(720年)の作品。いずれも、西洋の歴史に比べると、例えば聖書は西洋史6000年前の事柄を紀元前5世紀ごろから編纂した書物と言われていますから、古事記・日本書紀など世界史的に見れば新しい時代の書物です。
シルクロードを経て文化が伝わった事を考えると、古事記、日本書紀の内容が多分に聖書など、西洋の歴史書の影響を受けていてもおかしくないでしょう。
一例をあげますと、夏祭りに全国各地で「神輿」を担ぎますね。実は旧約聖書のモーゼが多くの民を連れて荒野を渡り歩きます。その時、信仰の象徴的対象物として、「契約の箱」(神の啓示で造られた石版や杖、マナという食べもの等が入ったもの)を民に担がせて運び、荒野で天幕を造り、聖所・至聖所という2部屋式の祭壇を造り祀ったと記録されていますが、現在の神社の構造や、おみこしがまさしくそれ。旧約聖書の内容が日本の神道に流れています。

古事記の最初は世界が混沌としていたが、3大神(アメノミナカヌシ・タカムスビ・カミムスビ)によって国土が造られるとあります。聖書でも唯一なる神がおられて、天使たちが宇宙の創造を手伝ったとあります。古事記の3大神は聖書の3大天使長(知・情・意の3天使長、ルシファー・ミカエル・ガブリエル)に該当するような気がします。

やがて、日本の国土を創造したとされるイザナギ・イザナミの男女神が出現します。(国生みのニ神)オノコロ島に御柱を立てて誓約を結び最初にイザナミが声をかけてお互いに柱を廻ってイザナギと契を結び子を産みます。しかし、この子はヒル子と呼ばれる醜い子だったので海に流します。天上の神に問いただすと、「女性から先に声をかけたからダメだ。男性から声をかけ直しなさい」と言われます。イザナギから声をかけて柱を廻って契ると、ちゃんとした子が産まれます。
この内容、あれっ?どこかで聞いたような内容だと思いませんか?・・・そうです。今までシーズン1で書いて来た西洋神学の最初、アダムとエバの堕落の物語です。天使長ルシファーにそそのかれ、堕落したエバがアダムを誘って2人とも堕落してエデンの園から追い出されたという話。やはり、西洋の神学がこの時代、東洋に影響を与えていたことがわかります。

しかしここで重要な事は、自分の罪状と存在を隠すため、サタン(ルシファー)は、日本の歴史書に神自体の存在をわからなくする「八百万(やおよろず)神」という思想を植え付けました。これが、日本の神観がわけのわからない神話のおとぎ話になった背景のようです。

「古代日本正史」の著者、原田氏は文化の発展を河と平野に注目しています。
曰く、古代日本には原住民としてのアイヌ族や沖縄の琉球民族、隼人族が住んでいたようです。古代遺跡を発掘すると、群馬、栃木〜三重県あたりまで地勢に合った場所にアイヌ民族が住んでいたようです。縄文土器のほとんどはアイヌ民族の生活様式。
しかし、出雲遺跡から出てくる物には、鉄器・馬具などがあり、明らかに大陸から渡って来た文化を顕しています。
日本人のルーツは大きく分けて2ヵ所。北モンゴル系と南モンゴル系だそうです。
神社で柏手を打ちますね。あれは、モンゴル民族の挨拶の仕方だそうです。
北モンゴル族が満州→朝鮮半島→隠岐の島→出雲地方に流れてきたようで、一方南モンゴル系は、中国大陸から上海→沖縄→南九州地方に上陸したようです。

古事記では、日本の国を最初に統治したと言われる「スサノウノミコト」という人物が登場します。この人物の解析が重要なポイントになります。
初めによくよくお断りしておきますが、日本の神社に祀られているのは「神」本体ではなく、当時の人々の尊敬を集めた「人物」の霊魂が祀られているという解釈がどこまでも合理的です。
古事記にあるように、イザナギとイザナミが契を結んで、淡路島や四国・九州が生まれ、日本列島が誕生する・・・?漫画の「進撃の巨人」じゃあるまいし、女学生が遊び半分で書いたようなおとぎ話が学校の教科書に今なお真面目に書いてある・・・。日本の文科省の知性を疑います。
いい加減、科学性と合理性に基づいて日本の原点歴史を見直したらどうでしょうか?

この続きは次回に・・・。

DSCF3021.JPG
東京の学会の帰りにスカイツリーを見学。たか〜〜い、こわ〜〜い!!

posted by 城北通り動物病院松江 at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする