2017年07月30日

西洋神学と古事記  〜出雲神学からの考察 1 〜

暑中お見舞い申し上げます。
今年の夏は、例年より気温が高い様です。そのせいか、熱中症一歩手前の症状のワンチャンや猫ちゃんが頻繁に来院されています。皆さまもお気を付けください。

さて、今回からシーズン2に入ります。出雲神学の本髄であるスサノウノミコトやオオクニヌシについて、現代神学をベースに解析を行ってみようかと思います。
まず最初にお断りを。
日本では八百万の神々として、その筆頭がアマテラス大神、スサノウ尊、オオクニヌシ尊などが登場しますが、これから記入するうえでこれらの神々の名称が長すぎますので、敬称略で記します。
また、神々の問題を扱うと必ず天皇家のルーツに関わります。私は個人的には天皇陛下大好き人間で、しかも尊敬しているという立場での記述だという事を明記しておきます。

私事ですが、私は幼い頃から島根の山奥の「熊野大社」のふもとで生まれ過ごしてきましたので、神社のお祭りや自宅の神棚は‘あってあたりまえ’の世界でした。
しかし、学業を重ねるうちに「神」とは一体なんだろう?出雲神話に出てくるスサノウやオオクニヌシは一体どんな存在?と、疑問を抱くようになりました。

そもそも、日本の国自体や文化の出発点にはどうしても出雲地方が絡んできます。
幼い頃から、出雲風土記と古事記、日本書紀の‘神話’内容を叩きこまれてきた私達は、「ふ〜んそうなんだ」くらいにしか思いませんでした。しかし、視点を世界に向けて考えてみる時、日本の神々と西洋の神、どっちなんだ?どれが本物?という疑問がわいてきます。
神の定義は「唯一絶対、平和、愛、平等、」という様な位置づけ。なのに、何故神を巡って人々は戦争をするのか?・・・・こんな疑問は私だけ?

そこで、見えない世界を扱う神学ですが、ある程度科学的・客観的思考を取り入れて分析すると、面白い内容が見えてきました。表現は悪いのですが、長い間の便秘が治った様な感覚でしょうか?

すみません。前置きが長くなりました。本論です。
これからの内容は、原田常冶著「古代日本正史」という現在では絶版になった本が参考文献です。かなりシビアに日本の古代史を分析していて、私としては共感の多い本です。
その内容から〜。
1) 古事記・日本書紀は正確か?
古事記には神々が日本の国を産んだとか、国を引っ張ってきたとか、およそ現代科学では全く意味不明の内容です。比喩・象徴で書かれている聖書でもここまでのおとぎ話ではありません。そうなると、別の事実があったものの、それが知られるとまずい事があって古事記や日本書紀の著者がおとぎ話をでっち上げたとしか考えようがないという事です。隠ぺいの理由は天皇家のルーツに関わる問題だったからです。
前出の原田氏は、古事記・日本書紀は作者の意図が加わった作り話とハッキリ明記しています。
そして、出雲風土記と中国の魏志倭人伝、そして全国の著名な神社に残されている文献を明確に何度も歩いて調べ上げ、更に宮内庁・天皇家が守って来られている祭祀とその神社の関連を徹底的に調べたようです。その執念たるやすさまじく脱帽ものです。

結論として、古事記・日本書紀は100%実際の史実の内容ではない!という事です。

では、スサノウやオオクニヌシ、アマテラスとはいかなる存在か?この続きは次回に・・。

熊野大社.jpg
スサノウとクシナダ姫の墓所  出雲一の宮 熊野大社

posted by 城北通り動物病院松江 at 19:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする