2016年09月14日

‘悪’の正体U 「女性の地位・ユダヤ人殺害」〜出雲神学からの考察D〜

皆様、こんにちは。たわわに実った稲穂が秋風に揺れる季節になりました。今年は台風が少ない様ですが、それでも被害に遭われた地域の皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

さて、遅くなりましたが‘悪’の正体第2弾です。今回はもう少し深く分析してみます。
最初はおとぎ話の分析の様に感じましたが、意外と現実問題に即した驚く事が多い内容です。またも長文になります。お許しを・・・。例によって、友人の言からです。

友人:親なる神が人類始祖のアダムとイブ(エバ)に期待した「神の臨在する幸せな家庭」をつくるという願いは、淫行という罪によって完全に断たれてしまったとお話ししました。神の今の立場は‘孤独’なのですね。

私:神は全知全能で、何でもできるというイメージでしたのに、親に逆らって子供が全員家出してしまった様な、「孤独な親」になったのですね。でも、何億年もかけてやっと誕生した我が子だから、あきらめきれないでしょうね。

友人:そうです。そこで、神はエデンの園から追い出したアダムとエバを何とか自分の元に戻そうと、サタン(堕天使ルシファー)との闘いが始まるのです。人類歴史は正に神とサタンとの闘争の歴史なのです。その歴史の中で、皆さんが不思議に思われる事がいくつかあるかと思います。その一つが、「女性の地位」の問題です。

私:女性の参政権が認められ、男女平等と言われるようになるまでには、歴史上かなりの年月が経ちましたね。それも何か理由があるのですか?

友人:ハイ。これは、「堕落の動機」にその根本原因が由来します。
長い歴史の中で、女性が軽視され続けた理由は、子孫の繁殖を途絶えさせる為のサタンの陰謀でした。しかし、サタンと言えども、何の理由もなしには手を下せません。サタン(悪魔)が讒訴する条件が人間側にあるから、その条件を採って、悲惨な運命に追い込んできたのです。その条件が次の内容です。

エバがサタンと呼ばれるようになった天使長ルシファーとの霊的な不倫行為(淫行)は、全くエバの興味本位が動機でした。しかし、次のアダムとの(未成長段階という時期を間違えた)肉体関係は、堕落したエバに良心が残っていて、不安と恐怖におそわれ、神の元に帰りたいと思ってアダムを求めたものです。(しかし結果的には、アダムも一緒に堕落してしまいました。)
女性の皆様には大変申し訳ないのですが、エバは2回罪を犯しました。アダムは1回です。
この堕落行為は、神にとっては大変な事件でした。数億年かけてやっと誕生した人類始祖
が、勝手に堕落した事への神のショックの大きさは計り知れません。
今でも人は罪を犯せば、刑務所に入るなど、ある一定期間に罪を償います。同じように、エバの2度の過ちは神の心に深い傷を与えたため、子孫である女性が男性よりも大変な差別と苦しみを何千年も通過しなければならなかったのです。
近代になって、罪業の刑期を終える様に、やっと女性の地位が認められるようになった背景には、計り知れない神とサタンの攻防の歴史があった事を知ることができます。親なる神は一日も早く自分の元に子孫である人間を取り戻したかったですが、サタンが自分で堕落させときながら、何とかして人類を滅亡させようと、女性の地位を悲惨な立場にずっと追い込んできた訳です。

私:フ〜ム・・・。サタンは今でも生きて実在するし、その存在を知らない人類はずっとそいつに翻弄されてきたのですね。歴史がそれを証明しているのですか?

友人:そうですね。もう一つ例をあげましょう。冷たい表現になりますが、先の世界大戦でドイツのヒトラーが何故?ユダヤの人達を600万人も殺害したのでしょうか?その原因は新約聖書にハッキリ記されています。約2000年前、神の一人子として地上に誕生されたイエス・キリストを、当時の無知なユダヤ人達が「十字架につけろ!その責任は我々と子孫が負う!」と言ったのです。それを聞いていたサタンは、ニヤリと笑って近代の大戦まで待って、ヒトラーを遣わし、ユダヤの人々を600万人も虐殺するという蛮行に及んだのです。先祖のその言葉を成就させたのです。言葉一つでもサタンの讒訴条件に引っかかると、大変な結果を招くのです。

全ての物事には、必ず原因があります。個人から国家の問題まで。しかし、多くの人はその問題の根本的な背後に、人類を根絶やしにしようと画策し続けている「サタン」という悪魔が今なお活躍している事が解っていないのです。

私:そうなんですね。しかし、本来人がコントロールしなければならない天使(万物)に逆支配されて人生を翻弄されているとは・・・悔しい限りですね〜。しかし、神はそいつ(サタン)をどうにかできないのですか? 歴史が繰り返されるとか言いますが、それも理由があるんですよね?

この続きは次回に・・・。

NEC_0135.JPG
どうしたの?猫

posted by 城北通り動物病院松江 at 10:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする