2016年05月18日

神が居るのに、何故?世界は争いが絶えない? 〜出雲神学からの考察〜

4.16熊本県震源の大地震でお亡くなりになられた方々のご遺族に、心からお悔やみ申し上げます。また、被災され避難生活を余儀なくされている皆様に、一日も早い安心と安全が確保できますようお祈りします。

4〜5月になり、狂犬病予防注射とフィラリア予防の時期です。マダニは3月から草むらに出てきております。早めの予防をお勧めします。

さて、今回は出雲神学からの考察、第3弾です。
皆さま、神が存在するなら何故?戦争や殺戮を止めないのでしょうか?
私は若い頃からずっと疑問に感じていました。
近代史において、あまりにも貧困や不平等、殺戮が多いため「神は死んだ!」と叫んで、「唯物論」を展開した社会学者がいました。
多くの人々が、新年を迎えると神社参拝します。これは、死後の世界、霊界(見えない世界の存在)を、おぼろげながらも信じているからなのですね。だから、「神は死んだ」とは言えないし、言いたくないし、何らかの希望を持ちたい・・・という願望に他ならないでしょう。

そこで前回から登場の友人の回答です。彼の考察。
・神と人とは「親子関係」で創造されたと言いましたね。私達の親子関係に置き換えてみればわかりやすいです。この世の中の‘愛’で、親子の愛ほど崇高で何物にも代えがたいものはありません。
・では、もし貴方の子供が作られたロボットの様に、プログラミングされた行動しかできなかったとしたらどうでしょうか?親はその子を見て決して満足には思いません。それは、親子関係とは言えませんね。
神は、動物や植物といった万物と人間を区別するために、人には特殊な能力を与えました。それが、「自主性と主体性」です。実はこれが回答のキーポイントです。

・お子さんを育てた事のある方なら良く解られると思いますが、赤ちゃんの頃、ハイハイしたり歩き出すと、どこに行くかわからなくてハラハラします。
それは、自主性と主体性=「自分で判断し、考え行動する」 という能力を与えられたからです。だから、人間らしさが出るのです。

もし、100%神が人の行動に干渉したら、それはもう親子関係ではなくなってしまいます。
つまり、親でも予想できない行動をとってしまう ‘自主性’を神は人間に与えたのです。子は親の全てを相続するものです。神は人に対して、自分の様になってほしいから主体性と自立心を与えたのですね。
神は人を創造し、人の親が我が子に期待する様に、神の子供として成長して欲しいと願ったのです。そして無事成長したら、自分の権能を全て相続して欲しかったのです。(だから、人は本性的にその意識が遺伝子にインプットされているからなのか?神=絶対者を目指すのですね。そして、神社では人を神としてお祀りしているのですね。)

ところが事件が起きました。最初の人間が、ある一定期間(成長するまで)の自主性と主体性を任された時期に、神の戒めを守らず、親の願いと違う方向に進んでしまいました。
(神学ではこれを堕落したという。)
そこには神も干渉できないという原則を神自身が決めた為、神は「無力な神」になったという解釈です。

Q:親だったら、我が子が誤った方向に行こうとしたら、止めるじゃない?何故止めなかったの?(私の質問)

A:はい。神が定めた自主性と主体性を与え、我が子が成長する一定の期間中は、誰も干渉せずに人間が一人で判断するという原則を神が決めました。(それが主体性であり自主性です。)それなのに、もし途中で神自身が干渉したら、神が自分で決めた事を自分で破ってしまう事になります。神は唯一・絶対という定義がありますから、その大原則を曲げて矛盾すれば、神は存在できなくなります。

我が子が成長しても家を勝手に出て行ってしまい、帰ってこない。連絡もない。こんな親御さんは、本当に寂しく、しかし我が子の事を片時も忘れられない。そんな姿が今の神の姿なのです。
人類の始祖が神の願いから外れたため、「本当の神の願いにかなった子」にはなっていないのに、全国の神社には勝手に人を‘神’として祀り上げられているのです。
外国のとある霊能力を持った方が日本に来た時、神社をお参りしたらそこに祀られている‘神’が、「霊界には本当の神様がおられるのに、地上の人々が自分を神として拝んでいて、恥ずかしくて居場所が無い!」と嘆いていた・・・という話を聞いた事もあります。
・・・・この続きは次回に。

以上が友人の解釈です。
「親子の情?」イマイチわからない部分もありますが、なるほどと理解できる部分もあります。でも私がわからないのは、人類始祖の‘堕落’って、一体何をしたのか?
神はどんな戒めを与え、しかし止められなかったのか?・・・という事です。
この続きは、次回に・・・。

IMG_2132.JPG
久々に登場=仙台時代のノルウエージャン・・・9.7kgだそーです。大きい!!


posted by 城北通り動物病院松江 at 20:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする