2016年02月06日

神の創造の業(わざ)〜神国出雲からの提言〜

今年は各地で雪害が報道されました。被害に遭われた地域の方々には、心からお見舞い申し上げます。
島根県も山間部はかなりの積雪でしたが、私どもの居住区、松江市内は例年になく雪が少ない毎日です。まあ、これから積もるのかしら・・・?

さて、冒頭に1枚の画像を載せます。(食事中の方はすみません。)
DSCF1499.JPG

これは、かなり高齢(年齢不詳の保護犬10歳以上)の仔の、腹腔内に出来た腫瘍(直径6cm)です。病理検査には出していませんが、おそらく悪性腫瘍でしょう。同じくらいの大きさの乳腺腫瘍を3か月前に摘出したばかりでした。最初は、内蔵の何処かの臓器からの発現で大きくなったものかと思いましたが、良く調べると結局、腹壁からお腹の中に腫瘍が広がったものでした。

まあ、手術の解説なんぞはどうでもいいことで、ここで驚くべきことは、この腫瘍が腸管にもお腹の中のどの臓器にも癒着していなかったということです。
腫瘍の表面が膜で覆われています。腸を吊っている‘大網’という膜がありますが、それがきれいに腫瘍を包み込んでくれたお陰で、腸や膀胱などに癒着しなかった様です。
ガッツリ、摘出しましたから、驚くことにワンチャンはいまでもとても元気で食欲モリモリです。

自分自身の組織が暴走して大きくなったものですが、この様にお腹の膜がしっかり包み込んでそれ以上奥に行かないように、他の臓器に影響を及ぼさない様に頑張っていました。これをみて、「神の創造の業」に改めて頭を垂れざるを得ません。
自己防衛機能を遺伝子にインプットされているその創造の妙味は、仮にどんなに人が人口生命体を創ろうと頑張っても、無理だな〜と感じました。

生命の神秘は実に奧妙です。生き物を扱う学者は、極める程‘神’の創造の業に驚愕します。決して、自然発生ではない、何らかの‘意志’が働いて創造されたと考えます。

再生医療の分野に、メカノバイオロジーというのがあります。一つの小さな例ですが、私たちの皮膚が傷付くと、細胞が増殖して傷を塞ぎます。細胞が傷つくと、メカノセンサーというのが働いて細胞応答を導く適切な信号を出します。そこにタリン、インテグリン、アクチン繊維などの接着斑関連タンパクが働いて、傷を囲む細胞が間葉系細胞に形質転換して前進します。同時に、細胞膜前端の裏側にストレスファイバー様構造が発達して薄い膜を形成し、傷を取り囲むように細胞応答を繰り返して傷を治癒していきます。

簡単に6行で書きましたが、実際にはもっと複雑な機能が働いています(A4用紙15ページ位の解説)。傷一つとっても、細胞レベルで事細かな、複雑な機能が遺伝子に備わる。こんなことが、突然変異の進化=つまり「偶然の産物」でしょうか?

ダーウインが進化論を唱えましたが、いまどきあんな古い説を信じている方がおかしいでしょう。物理学では、入力より出力が大きくなる事はあり得ません。プラスのエネルギーが加わるから出力が増えるのです。
近い将来、「突然変異で進化した・・・」などという話は笑える冗談になるでしょうね。

以上
posted by 城北通り動物病院松江 at 13:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする