2020年03月18日

イエス・キリストが勝利出来ていた場合のスサノウの立場 @

皆様、こんにちは。かつてなかったパンデミック(感染拡大)で、コロナウイルスは世界中の問題になってきています。犬にも猫にも混合ワクチンにはコロナウイルスが含まれていますのに、人のワクチンは何故、早くできないでしょうか?現段階では来年までこの混乱が続くとの事。何より経済が大打撃を受けています。一日も早いワクチン完成を待ち望みたいです。

さて、前回までで世界大戦までの歴史分析を終了しました。いよいよ今回から次のテーマ「もしイエス・キリストが勝利出来ていたら、日本最初の国王=スサノウの位置づけはどうなっていたか?」という、予想論を考えます。
歴史に、「もし・かりに」という事を考えても何のメリットも無いと言われる方もおられますが、歴史の教訓の一環として、「もし・かりに」はとても大切な要因でしょう。

まずこれまでの歴史観の要約です。(友人の言の要約)
アダムとエバが神の忠告を厳守しないで、未完成の時期に家庭教師である天使長ルシファー(サタン)の誘惑により、淫行の罪を犯して堕落しました。その後、4000年という長い年月をかけて、神の一人子=イエス・キリストを今から約2000年前に神は地上に誕生させました。しかし、当時の人々の無知と傲慢と因習のゆえに、イエスは結婚して神の家庭を作らねばならなかったのに、十字架にかけられて独身で亡くなりました。その時イエスは、「私は再び来る」という予言を残しました。その後2000年、現代社会にイエスの使命を持った‘再臨主’が誕生して、神の本来の願いを成就するという、壮大な歴史計画をこれまで解析してきました。

では、日本国内の歴史を見てみましょう。
スサノウが誕生したのが紀元後122年ごろ、今の島根県出雲市平田町に生まれました。
つまりイエスが十字架で亡くなってから約120年後に、日本という島国に初代の王が誕生したのです。
「古代日本正史(原田常治著・・何故か廃版)」によれば、当時の日本は少数の部落社会の集合体で、平野に川が流れる盆地地形に集中していくつかの部族が住んでいたようです。日本の先住民はアイヌ族と沖縄系の琉球族。スサノウのルーツは北方モンゴル系で、馬術に優れています。その先祖が韓半島を経由して、日本の出雲地方に渡ってきました。スサノウ一族は、当時の日本社会には無かった造船技術や鉄鋼、馬術等の先進技術を持っています。

当時、現在の島根県雲南地方で製鉄業の技術を持つ「ヤマタノオロチ」という豪族に、手籠めにされそうになる「櫛稲田姫(クシイナダヒメ)」を救出して、正妻に迎えて結婚します。
その後、寒い出雲地方では十分な食料の確保ができないと悟り、船で九州地方に進攻して、温暖な気候と豊富な土地での米作を確保・推進するため九州全土を平定します。
それまで点々としていた部落や部族の社会を初めて‘面’でまとめた社会にしたのがスサノウという人物で、初代の王として全国各地の神社に様々な呼び名で祀られています。
問題はこの九州平定の時に、神の願う道から外れてしまったことです。

当時のスサノウが55〜6歳で、30歳くらい年下の九州(日向地方)の現地妻を妾に迎えます。この妻が「卑弥呼」で中国の魏志倭人伝に登場します。スサノウの没後、この「卑弥呼=天照大神」が出雲を逆に平定して、自分の子孫を大和地方に送り込み、そこから本格的に全国統治が始まります。日本国の初代天皇である神武天皇は、九州日向族系で、出雲族系ではありません。

もし、イエス・キリストが当時の社会に認められて、結婚して「神の家庭」を出発することができていたら・・・・・、イエスの教えは当時、その為に神が準備した国であり、全ヨーロッパを統一していたローマ帝国の国教となり、シルクロードを経て東アジアにまで伝播されるはずでした。そして、イエス誕生の約400年前から準備された、インドのヒンズー教、仏教、儒教に大きな影響を及ぼし、当然モンゴル地方にも思想的影響を大きく及ぼしたはずです。そして、北方モンゴル人が船で日本の出雲地方に渡り、出雲の国を興すことになります。

結局、イエス・キリストの教えが広まらなかったために、戦争・殺戮という手段でその後の国々は歴史に出現していきます。では、イエスの教えの究極ポイントは何だったのか?

この続きは次回へ・・。

image-thumbnail25B15D-thumbnail2[1].png
イエス・キリスト (ネットより)


スサノウ.jpg

スサノウノミコト (出雲八重垣神社 壁画 ネットから)



posted by 城北通り動物病院松江 at 11:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

神の人類救済計画から見た世界大戦の原因 B

皆様こんにちは。あっという間に冬らしくない季節を越えて、春めいてまいりました。
早朝、夜が明けるのが早くなりました。暖冬の影響で今年はノミ・マダニの発生がかなり早いと予想されます。積極的な予防をお勧めします。

では、本論です。神の人類救済計画から見たとき、第三次世界大戦は起こるのか?というテーマを現代神学から解析してみます。例によって、友人の弁です。
友人:人類始祖を堕落させて作り上げたサタンを中心とした世界を壊して、神を中心とした本来あるべき姿の世界(自然の姿)に取り戻すために、これまで第一次、第二次世界大戦が起こったことを解析しました。では、神の計画は何事にも3段階を必要としますから、当然第三次世界大戦は起こらなければならないというのが、神学の結論です。

ではその形態はどのようでしょうか?
第二次世界大戦終了後、世界は冷戦時代と言われる、民主と共産の2つに分かれた世界構造になりました。これはちょうど、神がアダム家庭を救援するために、カインとアベルという2人の息子を用いて、救済しようとした法則を世界型に展開した形になっています。
神を信奉する民主主義がアベル側で、神を否定する共産主義がカイン側です。
この2つの世界を統合する戦いが第三次世界大戦です。

既に皆さんご存じのように、共産主義の中心国だったソ連邦は1991年12月、ミハイル・ゴルバチョフ大統領の辞任により実質的に崩壊しました。その2年前、東西ドイツを仕切っていたベルリンの壁が1989年11月に解体されています。
サタンは7数を越えられないという法則があります。神が天地創造をして7日目に休まれたと聖書にあります。7数は神にとって完成数と言われます。サタンが7数をもって完成したらもう神側に人類を戻すことはできなくなります。だから、1922年に樹立したソビエト社会主義連邦共和国は1991年、69年目で崩壊するようになっていたのですね。(7数=70年を越えられない)

この東西冷戦と言われる民主・共産の「思想戦」が第三次世界大戦なのです。戦争には2つの道があります。一つは武力で屈服させる道、もう一つは理念で屈服させる道です。まさに第三次世界大戦は理念戦争です。
そして、[共産主義は誤りである!]と断言できる神側の新しい理念が出てこなければなりません。この新しい理念は現代の民主主義理念では不完全なのです。もし今までの民主主義理念が完璧ならば、共産主義は表われてこなかったでしょう。

ソ連崩壊以降、同じ共産主義を標榜する中国(中華人民共和国)は、新しい経済政策(修正社会主義)により今や世界第二位のGNP(国民総生産)を示す大国にまで昇りつめています。経済体制は資本主義と同じで、ただ共産党の1党支配体制をとっているだけです。

かつてアメリカとソ連の代理戦争と言われた南北ベトナムは、アメリカの敗北により共産主義側の勝利になりましたが、ここも昔のソ連の様でなく、経済はもはや資本主義化しています。今純粋に共産主義を守って?いるのは、隣国の北朝鮮とキューバくらいでしょう。

神側の新しい理念が世界に広がる時、第三次世界大戦は終結宣言を迎えることでしょう。その新しい理念は、「神の実在を科学的に、歴史的にハッキリと証明できて、何より今日までのあらゆる思想・哲学・宗教が明確に解明できなかった「罪の根源=サタンの正体」をしっかりと説明でき、しかも無原罪の神の子が再臨してイエスが達成できなかった「真の家庭」を出発させ、人類に希望の光を与えるもの」でなくてはなりません。

東西冷戦後、今の世界は宗教理念の対立時代になってきています。イスラームとキリスト教の対立、これは深刻な問題ですが、新しい理念の伝播とともにこの大きな根本問題もここ数年のうちに解決されることでしょう。
結局、最後は宗教理念の対立になります。全ての理念を否定するのでなく、それぞれ不完全だったものを全部補うことで、理念は自然に一つにまとまってくることでしょう。
イエスの生まれ変わり=再臨主が地上に現れて‘新しい理念’を全人類に伝える事で、神の本来の願いである理想の国を地上に創る為の証明として、今日まで歴史の解析をしてきたのです。

ではいよいよ、日本の初代の王であるスサノウという人物が現われた意味は何だったのか?これを世界的な神の人類救援計画という観点から解析してみましょう。この続きは次回へ・・・。

ゴルバチョフ.jpg ゴルバチョフ大統領


300px-CommunistSplit.png
最盛期の共産主義国の世界地図

posted by 城北通り動物病院松江 at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

神の人類救済計画から見た世界大戦の原因 A

謹んで新春のお慶びを申し上げます。本年もよろしくお願い致します。
今年は暖冬ですが、今までの暖冬と異なり少しおかしいですね。1月初めにワンちゃんがマダニを付けて来院するなど、長い経験の中でも稀有な出来事です。
従って、猫ちゃんはもとより、ワンちゃんもダニが付いていないか?要チェックです。

では、本題です。世界大戦の神学的分析、パート2です。例によって友人の弁です。

友人:1930年代、世界的な経済恐慌の波が押し寄せました。特にこの逆境に立たされて打開の道を模索していた独・日・伊は「全体主義政策」の中にその解決を見出そうとしました。
第二次世界大戦は、第一次大戦で勝利した民主主義が、今度は全体主義と戦う戦争でした。
日本の軍国主義もそうでしたが、全体主義とは人間の個性に対する尊重、言論・出版・集会の自由への抑圧、議会制度の否定により、個人・団体は民族国家全体の発展の為だけに存在せねばならないという政治理念です。
ここで、神側の代表国家とサタン側の代表国家に分かれて戦争が起こりました。
1) 神側の国家:神を中心として、アダム型(男性型)国家がアメリカ、エバ型(女性型)国家がイギリス、善の天使長型国家としてフランスの三国連合。

2) サタン側の国家:これに反して、サタンを中心にアダム型(男性型)国家がヒトラーを中心としたドイツ、エバ型(女性型)国家が軍閥を中心とした日本、悪の天使長型国家としてムッソリーニを中心としたイタリアの三国同盟。

(イギリスは女王の国でエバ型。日本は明治維新にイギリスの憲法や制度を取り入れましたね。今でも車は左側通行ですし、民族性をみても‘おもてなし’に代表されるようにきめ細やかな配慮ができる女性型の民族性です。しかもイギリスと同じ島国、イギリスの騎士道に対して日本は武士道、共通項が多いです。従って日本はエバ型の国という位置づけになります。)

ここで、ソ連はどうでしょうか?神を否定する共産主義を主張していますが、この第二次世界大戦時は神側の国家群に加担します。何故でしょうか?
神の人類救済の計画は、堕落したサタンが造り上げた社会を壊すために、アベルとカイン、2つのグループに分かれて、カインがアベルに屈服して神側が勝利する原則を取ります。
しかし、全体主義はこの神の救済計画を全面的に遮る形をとったため、神の計画を推進するためには、一時期ソ連も神側に協力するという方法をとったのです。
しかし、第二次大戦以後は、完全に民主・共産の2つの世界観に分かれていきます。
歴史には「サタン先行の原則」というのがあります。神の世界を創造する前に、サタンが似たような世界を先に造ります。
ところで、神の2番目の子として遣わされたのがイエス・キリストでした。しかし、当時の人々はイエスを十字架にかけて殺害しました。
アダム家庭の救済を第一段階とすると、イエスが第二段階に該当します。神の救いの計画が再臨主を地上に誕生させるために、サタンが造り上げた世界を壊すための第二段階の計画が第二次世界大戦でした。
第二段階がイエスに相当するので、サタン側のイエス型人物として登場したのがドイツのヒトラーです。だから、どちらも独身で亡くなったし、死体も発見されない、当時のナチスドイツの旗印はイエスの十字架を折り曲げた卍型(ハーケンクロイツ)・・・など、イエスとの共通点があるのはそのためです。

第二次世界大戦が神側の勝利に終わりましたので、民主主義が更に世界的な基盤を固めました。同時に地上にイエスの再臨の準備を整えながら、サタン側では再臨主型の人物として、ソ連のスターリンが先駆けて歴史に登場します。
同時に、第二次世界大戦が終結した後、多くの宗教者に啓示が降り始めます。日本ではキリスト教徒の内村鑑三が「再臨主が現れる」と唱え、大本教の出口代表等、様々な形で啓示を受けたのです。
これらの新興宗教の乱立から、やがて分裂して混乱期に入り、最終的には再臨主の地上世界に登場するとともに、一つにまとまっていくようになるのです。

第一次大戦、第二次大戦とみてきました。では、神の救済は必ず三番目には成就されなければならないという絶対原則がある以上、第三次大戦は起こるかどうか?
この続きは次回に・・。

hitora-.jpg

ドイツ・ナチス ヒトラー (ネットより)


第二次大戦.jpg

ヤルタ会談:チャーチル、ルーズベルト、スターリン (ネットより)

内村鑑三.jpg

内村鑑三 (ネットより)
posted by 城北通り動物病院松江 at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする